おまけ
- 2018/05/24(Thu) -
『しもきた』が再入港。

近づいてみるとチヌークとLCACが搭載されてました。この状態での接岸はあまり見たことありません。
プラモのおまけみたいでつい撮影してしましましたw   2018.5.24

DSCN6990 (1)0001

DSCN6984 (1)0002

DSCN6986 (1)0003
この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タイミング
- 2018/05/20(Sun) -
久しぶりの休みと好天が重なったのですがあいにく目新しい船はいません。
雨の時はいたのですけどw

最新艤装のワスプ(USS Wasp, LHD-1)
F35B(山口・岩国基地配備)を艦載機として初めて本格運用します。

DSCN6973 (1)0001

DSCN6974 (1)0002

DSCN6975 (1)0005

DSCN6976 (1)0003

DSCN6977 (1)0004




この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
取舵いっぱい
- 2018/05/11(Fri) -
ピースボートが主催する格安世界一周クルーズ船『オーシャン ドリーム』入港。 船齢37歳!

[総トン数]35265トン
[全長]205m
[全幅]26.5m
[喫水]7.5m
[乗客定員]1422人

DSCN6951 (1)0001

色々な噂がありますが思想信条は人それぞれなので納得して乗れば問題ないでしょう。ただし格安パックツアーに
付き物のリスクはあると思います。
気になったのは過剰な宣伝ですね。入港前はネットや一般新聞紙上に船内見学会(1000円)の広告があふれてました。

DSCN6953 (1)0002
この記事のURL | その他 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暇なし
- 2018/05/09(Wed) -
久しぶりの撮影。貧乏暇なし。

『しもきた』

陸自のトラックを積み込み中でした。    2018.5.9

DSCN6956 (1)0001

DSCN6957 (1)0002

換気のため?

DSCN6958 (1)0003

いっしょにいた『とね』   定係港は呉です。

DSCN6960 (1)0004


この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水陸機動団創設記念行事 (4)
- 2018/05/01(Tue) -
AAV7の上陸が始まりました。上陸地点は限られているので敵が待ち伏せしているのは覚悟の上です。
それにしてもすざましい煙幕で敵からも見えないでしょうが操縦手からも観客からも見えません。

撮影失敗ではなく現実の画像です。オートグレネードと重機関銃を撃ち続けながら前進します。
当然標的は見えないでしょうから制圧射撃ですね。

DSCN6902 (1)0006

AAV7からの射撃が続くなか、煙幕のなかへ展開していきます。

DSCN6910 (1)0002

後方では大小5門の迫撃砲が援護射撃を開始します。しかし前方はまだ煙幕が立ちこめており
観測員が着弾地点を確認するのは不可能ですね。
制圧砲撃とでもいうのでしょうか、5門合わせて毎秒1発のものすごい発射速度です。
隊員の掛け声も合いの手のように聞こえててほとんど高速餅つき状態w

DSCN6924 (1)0004

DSCN6923 (1)0003

DSCN6941 (1)0006

DSCN6933 (1)0005

カメラマンも一緒に援護射撃。

DSCN6942 (1)0007

一斉射撃後敵を制圧、奪還成功。

DSCN6944 (1)00こん08

演習を見た素人の感想ですが抑止力としての水陸機動団でいてほしいですね。実戦になると過酷すぎます。

この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水陸機動団創設記念行事 (3)
- 2018/04/30(Mon) -
上陸作戦が開始されました。まずはF2戦闘機が飛来して航空支援をしたのですが、前日から
町内放送で爆音を告知したのが藪蛇になり飛行前から苦情がでたそうです。
そのため海沿いにコースを変更し、かなりの高度で飛行したみたいです。迫力ある低空飛行を
期待していたのですけど残念でした。

次に偵察部隊を乗せたへりが登場。この時点でAAV7はまだ海上、偵察隊も海上に降下するという
想定です。

DSCN6885 (1)0001

偵察部隊が海上に降下。緑にみえるのは陸上ではなく海上ですw

DSCN6882 (1)0001

さらに航空支援のコブラと後方からは空挺部隊を乗せたチヌークが登場。

DSCN6886 (1)0002

相浦駐屯地で最も恐れられている攻撃へり『コブラ』 
(わかる人にはわかるw)

DSCN6892 (1)0003

観客席に近づいてサービス(?)しますがマジに怖かったですw

DSCN6897 (1)0004

コブラの援護を受けて空挺部隊が上陸地点から少し離れた陸地に降下して展開します。AAV7はまだ海上。

DSCN6895 (1)0002

つづく、、、
この記事のURL | その他 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
水陸機動団創設記念行事 (2)
- 2018/04/29(Sun) -
相浦駐屯地開設記念もかねていたのでとにかく家族(隊員の)が多い。当然小さい子供がたくさんいるので
遊園地まで開設w

DSCN6828 (1)0001

先導する音楽隊は水陸機動団の入場時も勇ましい音楽を演奏していたので盛り上がりました。

DSCN6829 (1)0005

偵察隊です。ヘリから海上に降下するので足ひれが見えますね。

DSCN6834 (1)0002

こちらは偵察隊の後方にいた山岳装備の隊員。

DSCN6836 (1)0003

水陸機動団本体。選抜された隊員という先入観と音楽のせいでものすごい威圧感。

DSCN6845 (1)0004

連帯旗ですね。ここからは延々と特殊車両などが登場。

DSCN6837 (1)0006

つづく、、、
この記事のURL | その他 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
水陸機動団創設記念行事 (1)
- 2018/04/28(Sat) -
町内放送で『明日の正午ごろ自衛隊機が低空飛行しますので爆音がします』とのこと。
調べてみると水陸機動団創設記念行事(4月28日)があり、支援戦闘機が飛んでくるらしい。
戦闘機が来るほどの式典は珍しいので相浦駐屯地へと向かった。親切なことにJR佐世保駅から
送迎バスがでていたので乗せてもらいました(約20分)

立派な本部ができています。

DSCN6808 (1)0002

式典はもう始まっていました。しかし最初の1時間は来賓あいさつなので見る必要なし。
観客との距離に注目。まさかこの距離でドンパチがはじまるとは、、、

DSCN6803 (1)0001

AAVP7は古いけど初見の私には新鮮です。
手前は水陸両用車(AAVR7A1 RAM/RS)回収型ですね。

DSCN6812 (1)0003

一旦退場します。

DSCN6819 (1)0004

晴天のグランドをこの距離で走るのでこの直後に砂ぼこりで視界はゼロにw

DSCN6856 (1)0005

続く、、、
この記事のURL | その他 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
あら、、、
- 2018/04/27(Fri) -
国際ターミナルで早朝からレセプションの準備をしている。
なんでも初寄港の客船が来るらしい。楽しみにして昼から出直すと、、、

お世辞にも華麗とは言えない頭でっかちの船がいました。
てっきり新造船が来ると思っていたので肩透かしです。
なんでも25年ものをリニューアルした船だそうです。

コスタ・ロマンティカ(Costa Romantica)            1993年9月竣工。   

総トン数 52,926 トン
全長 220.6 m
幅 30.8 m
喫水 7.6 m
主機関 ディーゼル・エレクトリック
航海速力 19.2ノット
旅客定員 1308名(最大 1766名)
乗組員 650名

DSCN6790 (1)0001

三本煙突です。

DSCN6793 (1)0002

DSCN6794 (1)0004

部分的なテラス。姉妹船のクラシカ号には見当たらないので新設したのかも?

DSCN6797 (1)0003


この記事のURL | その他 船舶 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
新雪 T-34
- 2018/04/24(Tue) -
新雪のなかを走行してみました。現実的には長時間走行すると履帯と転輪はかなりの
摩擦熱が発生するらしいので雪プラス極寒の条件ですね。

雪の表現には石灰をつかいましたが、完全に乾燥するとマット感が強く新雪の感じが出ないので悩ましいですね。
作成直後はいい感じだったのですが3日後にみると雪にみえませんでしたw
それとT-34は履帯の彫りが浅いので見栄えがしないようです。              2018.4.15

冬季迷彩 T-34

DSCN6753 (1)0001

DSCN6741 (1)0003

DSCN6749 (1)0002
この記事のURL | その他 1/35 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>