目刺しの出船(1)
- 2017/09/30(Sat) -
横並びの係留を目刺し、船首を港の入り口に向けて係留するのを出船というらしいです。
『しまかぜ』、『すずつき』、『きりさめ』が並んでいるところに曳き舟が到着しました。

DSCN5016 (1)0001

外側の『しまかぜ』が出港するかと思いきや、係留ロープを解かずにぐりぐり引っ張ります。

DSCN5025 (1)0002

『すずつき』と『きりさめ』の間のロープが伸びきったところで『しまかぜ』と『すずつき』間のロープを解きます。

DSCN5031 (2)0001

真ん中の『すずつき』は完全にフリーです。

DSCN5034 (1)0004

『すずつき』がじわりと前進。

DSCN5042 (1)0006

つづく、、、
この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
早朝の『ししじま』
- 2017/09/28(Thu) -
『ししじま』が入港してきました。 佐世保地方隊沖縄基地隊第46掃海隊所属です。

DSCN5085 (1)0002

早朝の朝日が眩しそう。後方に『くろしま』が見えます。

DSCN5110 (1)0001

たまたま待機していた『しまかぜ』、『すずつき』、『きりさめ』の内火艇。
護衛艦の入出港時には必ず待機しています。

DSCN5096 (1)0004

『ししじま』のはミニサイズです。

DSCN5106 (1)0003

DSCN5122 (1)0005

DSCN5130 (1)0006

この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お帰り、P900
- 2017/09/25(Mon) -
船の撮影に重宝しているニコンP900のレンズ伸縮機構が故障してしまった。超望遠で
今でも人気があるようだが発売当初は品不足でどこの店でも納期不明の状態であった。
少し割高だったがニコンダイレクト販売でなんとか手に入れて毎日持ち歩いていた。
思わぬところでこれが役に立つことになる。(すっかり忘れていた)

ほぼ毎日の散歩で数キロ先の被写体を偵察するのにもに望遠レンズは必須です。
撮影だけではないのでレンズを伸縮させるのは相当な頻度になると思われる。
さらにネックストラップではなくてリストストラップを使用しているので移動時にはグリップを
持つことになるのだがレンズが下を向かないので望遠状態のままだと内部のギアに負担が
かかってしまうようだ。
可動部品に寿命があるのは当然で、おそらくレンズを動かすギアに無理がかかり不都合が
生じたと思われる。10万キロ乗った車のクラッチがすり減ったようなものだろう。

保証期間の一年はとっくに過ぎているので修理に出したらかなりの出費を
覚悟していたがニコンダイレクトで購入したので三年保障で無償だそうだ。 (^^♪
ちなみに有償の場合はユニット交換で10200円だそうです。

二週間で帰ってきたP900。 ほんとにいいカメラですが作りが華奢なのが玉にキズ。
この状態ではあまり持ち歩かない方がいいようです。

18498.jpg

はるか彼方の対岸に接岸したハワード・O・ローレンツェン(Howard O. Lorenzen T-AGM-25) ミサイル追跡艦です。
この船の出港が某国の発射準備が始まったという合図ですw  2017.9.25 午前

DSCN5432 (1)0001





この記事のURL | カメラ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
LVTP5 水陸両用兵員車(改)  1/35  AFVクラブ
- 2017/09/23(Sat) -
経年変化を再塗装。お気に入りの1台です。  2017.9

P1000537 (1)0003

P1000513 (1)0001

P1000495 (1)0001

P1000529 (1)0002

P1000490 (1)0004

マイナーなモデルが好きなので手を出しましたが予想外の
好キットでした。私にとっての好キットとは、ほどほどの値段、
ほどほどの部品数、エッチングにたよらないディテール(部品)
などですが特にこのキットは部分組み立て式履帯の出来がすばらしい。
内部やサスペンションなど見えなくなる部分はまったく再現されて
いないけれども部品数や値段に影響するので潔しとしましょう。
素組みはもったいないので少し改造。     2013.5

妄想の種

LVTAA-X1(M42ダスター自走高射機関砲の砲塔移植)

LVTAA-X1_R.jpg

メーベルワーゲン(20mm対空機関砲四連装)

メーベルワーゲン

朝鮮戦争当時、制空権なしでの上陸作戦はありえなかったでしょうから
無数に投入される中国兵対策に50Cal四連装を搭載する事とする。
上部を補強して装甲板、機銃メンテナンス箱、旋回エンジン用燃料缶、
内部連絡設備などを設置。

DSC00930_R.jpg

DSC00945_R.jpg
この記事のURL | 米 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
TV-3513
- 2017/09/21(Thu) -
しまゆき( TV-3513)は海上自衛隊の練習艦です。1987年2月17日に就役した当時はDD-133として佐世保に配備されました。
現在の定係港は呉です。

もやがひどくて撮影条件はあまりよくありません。  2017.9.19

P1000550 (1)0001

720_2915 (1)0002

720_2912 (1)0003

720_2920 (1)0005

720_2913 (1)0004
この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
海自類似
- 2017/09/19(Tue) -
長崎県の漁業取締船『かいりゅう』です。

総トン数 140トン
全長 39.00m
型幅 7.00m
型深さ 3.55m
機関 ディーゼル×2
機関馬力 3,880PS
航海速力 27.20ノット

結構な性能ですね。見た目は海自の新形掃海艇か?と思うほど威圧感があります。
後方は『あしがら』と『いせ』

DSCN3946 (1)0002

DSCN3947 (1)0006

後方に見えるのは『あまくさ』。 面構えも海自風。

DSCN4008 (1)0003

DSCN4006 (1)0004

給油しに来たようですね。佐世保港ではめったにお目にかかれません。  

DSCN4001 (1)0005
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『あさゆき』180度ターン
- 2017/09/16(Sat) -
少し前の撮影です。早朝入港する『あさゆき』(Asayuki, DD-132)

DSCN9928 (1)0001

一番狭い難所で180度ターンです。曳き舟まかせですが、、、

DSCN99370001.jpg

DSCN99420002.jpg

DSCN9949 (1)0005

DSCN99520003.jpg

DSCN9963 (1)0004
この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
600mm
- 2017/09/13(Wed) -
ニコンP900が故障したので一眼レフをひっぱりだして撮影。
最大600mmまでの望遠なので被写体が遠距離の場合は撮影後にトリミングすることになる。
手振れ補正もふた昔まえのものなので600mmでも手持ちはきびしい (-_-メ)
1000mmからが常用域の船の撮影ではなんとももどかしいのである。
P900恐るべし! 早く帰ってきてくれ~~

元『くらま』

720_2901 (1)0001

720_2904 (1)0003

この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ポルシェ 356A スピードスター    1/18   オートアート
- 2017/09/11(Mon) -
レトロ感が魅力ののオープンカーです。年式の割に街でにときどき見かけますがおそらく
オリジナルではなくレプリカでしょう。現在でも販売されているレプリカはワーゲンベースが多いみたいですね。

オープンカーのミニカーは内装が丸見えなのでメーカーの差が出ます。
そのの点オートアート製は安心の品質です。

DSCN1593 (1)0002

DSCN1590 (1)0001

DSCN1587 (1)0003

DSCN1600 (1)0004

DSCN1585 (1)0005
この記事のURL | 独 1/18 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
あけぼの( DD-108 )帰港 ワッチ多すぎ!
- 2017/09/08(Fri) -
第1護衛隊群第5護衛隊に所属し、定係港は佐世保です。

DSCN5321 (1)0001

あまり見ない光景です。新兵か?

DSCN5323 (1)0003

DSCN5333 (1)0002

DSCN5351 (1)0004

DSCN5352 (1)0005
この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>