元『くらま』
- 2017/05/30(Tue) -
退役した『くらま』の現状です。SSK(佐世保重工業)の岸壁で作業中なので
全体は撮影できません。       2017.5.17

照準手ドームは撤去?

DSCN3303 (1)0002

CIWSやレーダーの一部も撤去されています。

DSCN3300 (1)0005

砲身もうなだれて悲しそう。。。

DSCN3292 (1)0001
この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シュトゥーラー・エミール 1/35  トランペッター
- 2017/05/27(Sat) -
経年変化を再塗装。ナースホルン(88mm砲搭載)の親玉ですね。
4年ぶりによく見ると金属履帯がほんとに錆びていたw         2017.5.24

DSCN3571 (1)0002

DSCN3569 (1)0001

DSCN3574 (1)0003

DSCN3501 (1)0005


まともな戦車のプラモは定価3000~5000円、売値2500~4000円なのだがこのモデルは
売れ残ったのかなんと売値1400円!やはり実戦で活躍してないので知名度が低いのが
原因だろう。しかしオープントップなので部品数もそれなりにありディテールも及第点である。
欠点は128mm砲が88mm砲に見えるほど砲身が細いことと貧弱な履帯くらいである。

幸い以前に購入していたPak44 128mmにアルミ砲身が付属していたのであまったプラ砲身を
移植した。価格的に得した気分になって以前から気になっていた中国製の安い金属履帯を
注文したのだが送金から商品到着まで六ヶ月!
代理店をしていた無責任な模型店は連絡不能になるわ、届いた履帯は寸足らで片側しか
連結できないなど嫌な思いをした。しかし金属履帯そのものはなかなかの出来でCPの高さは
評価できるのできちんとした販売網があれば商品として成り立つような気もします。
夜逃げした模型店は論外であるが中国製品のいい面と悪い面を痛感した思い出あるである戦車ですw    2013.7.3

DSC00010 (2)_R



この記事のURL | プラモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
二年目。
- 2017/05/26(Fri) -
小鉢から育てたがアジサイが満開になりました。

ガクアジサイの八重咲ですね。目につく鮮やかな紅色です。

DSCN3429 (1)0001

DSCN3614 (1)0002

こちらは白のガクアジサイ。これも八重咲です。

DSCN3439 (1)0004

DSCN3613 (1)0003

これは花(がく)が非常に小さい品種です。色が急速に変化します。

DSCN3446 (1)0003

小鉢にして近くで見ると可憐ではえるのですが大鉢にすると花(がく)が小さすぎてぼやけてしましました。

DSCN3442 (1)0002

DSCN3610 (1)0001



この記事のURL | その他 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ずいりゅう(Zuiryu, SS-505)   入港   (2)
- 2017/05/23(Tue) -
晴天なのにカッパを着てなにをするのかと見ていると、、、

DSCN3169 (1)0002

シュノーケルから順番に水洗をしています。
現物は初めて見ました。

DSCN3185 (1)0008

かなり入念に洗浄中。各種マスト類でしょうが私には詳細がわかりません。
どなたかご存知でしょうか?

DSCN3232 (1)0011

DSCN3224 (1)0010

DSCN3198 (1)0009


DSCN3138 (1)0001


DSCN3241 (1)0002

DSCN3203 (1)0001







海自基地の隣に新設された国際ターミナルに停泊するクルーズ船『 天海新世紀 』 71,545トン 旅客定員 1,808人 。
基地側から見た光景。

DSCN3253 (1)0007

基地との境界はこのフェンスのみ。大丈夫か?

DSCN3254 (1)0012

追加

2017.5.17  早朝に出港。  また来てね~  (^_^)/~~ 

DSCN3287 (1)0001






この記事のURL | 船舶 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
W205 クーペ
- 2017/05/20(Sat) -
嫁さんのアルファロメオに2回目の車検を受けさせるかどうか悩んでいたところ
タイヤのサイドウォールにひび割れが見つかり交換が必要だという。イタ車にしては
奇跡的にノントラブルだったのでだいぶ悩んだが、買い替えることにした。

車を買う基準は人それぞれで私の場合は『性能』、『スタイル』、『安全性』なのだが
嫁さんの場合は『かぶらない』、『スタイル』、『運転しやすさ』の順である。

ただしお互い歳なので安全性だけは妥協できない。自動ブレーキ(対人含む)でまともなのは
スバル、マツダ、ベンツ、(軽ではスズキ)くらいなので選択肢は限らてくる。

『かぶらない』を優先するためには極めて高価とか不便とかディーラーが遠いとかで
あまり売れていない車を選ぶことになるのだが現実的には不便な車が妥当だろう。
後部座席はほとんど使い物にならないが運転しやすいサイズとスタイルの良さから
嫁さんの目にかなったのはCクラスクーペであった。

二人以上は乗らない環境で女性がのんびり運転するにはなんら不満はない。ただノーマルの18インチ径タイヤ
でさえ硬めの乗り心地なので19インチのランフラットタイヤを履いたモデルはおすすめしない。

DSCN38560005.jpg

かっこはいいが運転が下手な人が乗るとすぐにリムを傷つける18インチホイール。
嫁さんには必要ないが最初から付いている。

DSCN3862 (1)0002

実物は斜め後ろ姿が映えます。

DSCN3863 (1)0004

サイズはマークⅡくらいなので問題なし。

DSCN3859 (1)0001






この記事のURL | その他 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ずいりゅう(Zuiryu, SS-505)   入港   (1)
- 2017/05/20(Sat) -
海自の都合が悪くない限り土日の倉島岸壁は一般公開されています。ただし乗船できるのは
その日の当番船のみです。この日は掃海艇が乗船可能だったのですが『そうりゅう型』が来ているのは
知っていたので目もくれずに潜水艦へ向かいますw           2017.5.13

一応潜水艦は公開対象ではないのですが乗員の顔色をうかがいながら10m位まで近寄れました。
予想外に船名が開示されています。

DSCN3258 (1)0001

間近でそうりゅう型を見るのは初めてです。    (^∀^) 

DSCN3171 (1)0003

DSCN3110 (1)0004

どうやら新入隊員のオリエンテーション(体験乗船?)のようですね?

DSCN3128 (1)0005

多量の備品を甲板から岸壁まで広げていますのでしばらく停泊するのでしょう。
何時もは日帰りや翌日の早朝出港が多いので様子が異なります。

DSCN3252 (1)0006


船外機の水洗ですね。使用頻度が少ない船外機は冷却水路に塩が溜まります。

DSCN3133 (1)0001

インフレ―ターボートの甲羅干し?

DSCN3137 (1)0002

つづく、、、


この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
そうりゅう型接岸
- 2017/05/18(Thu) -
土日はほとんど護衛艦の出入りがないのですが早朝の散歩コースですので一応偵察w

なんという事でしょう! 佐世保では珍しい潜水艦、しかも最新の『そうりゅう型』! おまけに近くで観察できる倉島岸壁!
いいことづくめです。         2017.5.13

DSCN3099 (1)0002

偵察していると乗務員が集まりだしました。

DSCN3106 (1)0003

右端の二人は正装のようですね?

DSCN3075 (1)0004

艦長あいさつの後お見送り。離任式か?

DSCN3089 (1)0001

なんで佐世保でやるのだろう? まさか新任地が佐世保だったりして、、、
土曜日なので一般公開されるかも?、と淡い期待をいだきつつ帰宅。   

つづく、、、
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フィッツジェラルド (USS Fitzgerald, DDG-62)
- 2017/05/16(Tue) -
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の12番艦。スタンダードミサイルSM-3を搭載するミサイル防衛対応艦船です。
遠いので(2Kmくらい?)厳しい撮影条件。

DSCN3061 (1)0001

なにやらお祝い事ですかね?     2017.5.13

DSCN3062 (1)0002


おまけ

『あさゆき』が単独でいたので撮影。   2017.5.15

DSCN3267 (1)0001



この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
何時もの風景
- 2017/05/14(Sun) -
連休があけて護衛艦が増えてきました。見えているのは『おうみ』、『いせ』、『こんごう』、『ありあけ』
見えないのが2隻。    2017.5.13

DSCN3041 (1)0001

『いせ』単独ではなかなか撮影できません。

DSCN3043 (1)0003

『ミストラル』が出港したら何時もの風景に。
『すずつき』、『じんつう』、『さわぎり』、『あさゆき』、『たかしま』、『ひらしま』、『あまくさ』

後方に見えるのは中国からのクルーズ船です。中国の韓国いじめで韓国に行くはずの船が
毎日佐世保にきています。喜んでいいのやら???

DSCN3052 (1)0004
この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『ミストラル』出港
- 2017/05/13(Sat) -
AS 565 パンテルを中二階の格納庫から出して扉をしめているところ。     2017.5.5

DSCN2968 (1)0001

『ギコギコ、ガリガリ』と音を立ててエレベーターが上がります。

DSCN2973 (1)0002

このあと甲板にヘリを固定して出港準備完了です。

DSCN2982 (1)0003

民間の曳舟が到着しました。

DSCN2996 (1)0004

海自のようにピシッと整列、というわけにはいきませんが礼服は着ています。

DSCN3004 (1)0005

連休中にかりだされてかわいそうな海自の隊員w。なんと生演奏でのおみおくりです。
しかし軍艦が『蛍の光』で見送られるとなんか悲壮な雰囲気になります。

DSCN3009 (1)0006

これに先立ち『くにさき』が出港しました。西部方面隊と米海兵隊をのせて合同訓練たそうです。
日仏米英連合軍ですね。

DSCN3024 (1)0007
この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>