ミストラル(Mistral, L 9013)入港   (1)
- 2017/05/01(Mon) -
ミストラル(Mistral, L 9013)は、フランス海軍のミストラル級強襲揚陸艦1番艦。

排水量 基準 16,500t
満載 21,300t
全長 199.0m
全幅 32.0m
飛行甲板 5,200㎡
吃水 6.2m
速力 最大速 19kt
航続距離 巡航15ktで19,800海里
乗員 160名
搭載能力
上陸用舟艇 × 2隻
1個大隊
車両 × 60台
兵装 SIMBADシステム × 2基
ブレダ=モーゼル 30mm機関砲 × 2基
M2機関銃 × 4挺
搭載機 ヘリコプター × 16機(最大数)

日仏英米4カ国の訓練に参加するためにグアムへ向う途中寄港したようです。
英軍はマリーンヘリで参加しています。
佐世保で日米の水陸両用部隊と、自衛隊のヘリコプター1機が乗り込み
海上自衛隊の輸送艦「くにさき」とともに、日本周辺の海域で共同訓練を実施する予定。 2017.4.29

PM2.5が高くもっさりとした写真になりました。補正してこの程度です。

DSCN2728 (1)0003

佐世保に配備された『いせ』とほぼ同じ大きさ。

DSCN2694 (1)0002

DSCN2751 (1)0004

何時もは海自護衛艦が係留されている倉島岸壁です。

DSCN2744 (1)0007

DSCN2734 (1)0004

特徴的な煙突。

DSCN2731 (2)0001

DSCN2735 (1)0005

DSCN2903 (1)0001



つづく、、、


この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
まだまだ
- 2017/04/27(Thu) -
臨戦態勢にはほど遠い『ボノム・リシャール』    2017.4.25

DSCN2661 (1)0003

リアゲート付近を改修中のようです。

DSCN2664 (1)0004

追記

『ちはや』出港、『おやしお型』入港。    2017.4.26
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ステザム ( USS Stethem, DDG-63)  入港
- 2017/03/30(Thu) -
アメリカ海軍のミサイル駆逐艦。アーレイ・バーク級駆逐艦の13番艦。

2017.3.28

なんか海自の護衛艦の上品さとは異なる強そうな雰囲気。

DSCN2220 (1)0011

奥には新築中の施設。ズムウォルト級ミサイル駆逐艦用?
トランプ大統領になったからどうなるか流動的。

DSCN2206 (1)0013

手前に見えるのは海上防護ネット。

DSCN2204 (1)0012

追加

ハワード・O ・ローレンツェン (ミサイル追跡艦)入港。
またあの国か?   2017.3.30
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
入港
- 2016/12/16(Fri) -
2016.12.16 早朝

弾道ミサイル追跡艦 USNS Howard O. Lorenzen T-AGM-25 また怪しいのか?

DSCN0549 (1)0003

おやしお型

DSCN0537 (1)0002

ロサンゼルス級原潜 ルイビル(USS Louisville, SSN-724)  (写真無し)

15分で出航。 翌日の新聞で知りました。しかし某平和団体は写真を撮っていたのでかなり正確な入港時間を
事前に知っていたのでしょう。恐るべし平和団体!
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ステルスマスト
- 2016/09/01(Thu) -
最新型のドック型輸送揚陸艦サン・アントニオです。
八角形のステルスマストをよく見ると船体と色が異なるので調べてみました。
先進型閉囲マスト/センサーは外部からのレーダー波を反射し、自艦の電波は透過する
パネルに覆われているようです。

DSCN3157 (1)0001

質感の違いがわかりますか?

DSCN3159 (1)0002

DSCN3161 (1)0003
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
米韓軍事演習
- 2016/08/28(Sun) -
米韓軍事演習で出入りが少し増えた感じがします。弾道ミサイル追跡艦は8/26に出港。

左から『あしがら』、『てるづき』、『スプルーアンス』

DSCN8015 (1)0004

DSCN8013 (1)0003

アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の61番艦。『スプルーアンス』 (USS Spruance, DDG-111)

DSCN8009 (1)0002

ヘンリー・J・カイザー級給油艦  『 ジョシュア・ハンフリーズ 』T-AO-188

DSCN8022 (1)0001

音響測定艦 Able(T-AGOS 20)

DSCN7955 (1)0001
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハワード・O・ローレンツェン (T-AGM-25) アメリカ海軍
- 2016/08/24(Wed) -
米韓軍事演習に対する北朝鮮の反発にそなえていると思われます。
いつもと異なる場所に係留してあり手前に海上フェンスが見えます。おそらくテロ警戒レベルが
引き上げられているのでしょう。前回と別角度から撮影できたので2枚追加。 2016.8.23

DSCN7939 (1)0001

DSCN7943 (1)0002

最新画像を追加。某国党大会の帰りでしょう。普通の船とは逆に煙突の
後部が高くなっています。レーダーへの影響をかんがえてあるのでしょう。2016.5.13

DSCN3962 (1)0003

2012年に就役したミサイル追跡艦です。某国の地球観測衛星打ち上げ(w)
を監視しにきたようです。ニコン P900の2000mmが大活躍。一眼レフはお休みです。

満載排水量 12,575トン
全長 約163m
全幅 約27m

船体中央部と後部に平面状のアンテナが旋回式台座に取り付けられています。
二基の大型レーダーは前がXバンド、後がSバンドと推測されているらしいですが
詳細は不明。可動式なのでフェーズド・アレイ式ではない可能性が高いそうです。

DSCN1174 (1)0001

DSCN1215 (1)0001

DSCN1252 (1)0001

DSCN1175 (1)0001

DSCN1178 (1)0001

DSCN1186 (1)0001

DSCN1190 (1)0001

DSCN1189 (2)0001








この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
LCU-1610級
- 2016/08/23(Tue) -
LCU(Landing Craft Utility; 汎用揚陸艇)
戦車1両ないし装甲兵員輸送車3両。または兵員350名、もしくは物資180tを塔載。
揚陸艇のウェルドッグに搭載可能。佐世保ではLCACと両方見ますね。

遠距離手持ちですが晴天なのでなんとか撮影できました。

DSCN7341 (1)0001

DSCN7335 (1)0002

スプルーアンス (USS Spruance, DDG-111) アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の61番艦。
PM2.5でよく見えず。

DSCN7925 (1)0001



この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コロンビア(SSN-771 改ロサンゼルス級)   アメリカ海軍
- 2016/08/18(Thu) -
おまけにAble(T-AGOS 20) 追加。 201.8.24

62隻建造されたロサンゼルス級原子力潜水艦の60番艦です。旧型艦ですが後期型は多くの改良が
加えられフライトIIIと呼ばれるこのタイプの特徴は氷を割って浮上できるように潜舵をセイル側面から
艦首(引込み式)に移設してある点です。

DSCN6446 (1)0003

DSCN6444 (1)0002

おまけ

音響測定艦 USNS LOYAL(T-AGOS 22)

載貨重量:2646DWT 総トン数:3347GT
定員:乗組員19名, その他6名
センサー:パッシブ/アクティブ低周波ソナー
MSC所属の音響測定艦, Victoriousクラスの4番艦
定係港 横浜

DSCN6414 (1)0001

Able(T-AGOS 20)
似てますが微妙に違いますね。

DSCN7955 (1)0001







この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
USNS Rainier (T-AOE-7) アメリカ海軍
- 2016/07/14(Thu) -
4Kmほど先の岸壁で発見。サプライ級高速戦闘支援艦( Supply-class fast combat support ship)です。
PM2.5が高めで厳しい撮影条件でした。

Displacement: approx. (49,600 t)
Length: (230.0 m)
Beam: (33 m)
Draught: (12 m)

搭載可能内容

燃料156,000バレル(24,802 kL)
艦艇用燃料タンク30%
航空燃料タンク40%
両用タンク30%

55ガロン入ドラム缶500缶
弾薬1,800トン
冷蔵食糧400トン
その他物資250トン


DSCN5608 (1)0001

DSCN5612 (1)0002

DSCN5614 (1)0004

DSCN5613 (1)0003

7/14付の当地地方紙を見ると停泊中のイージス駆逐艦ジョン・S・マケインにて油漏れ事故が発生し
自衛隊が海上の油回収に活躍した、という内容の記事があった。お疲れ様といいたいところだが
なんか違うような気がする。事故であれ火事であれ少しでも機密性の高い場所や機種、艦種の
場合は日本側の立ち入りを完全に拒否し、自分たちで後始末を行う(だけの能力がある)ので
ある。汚れ仕事だから自衛隊に丸投げするのか?
これが放射能漏れならどうするのか?ちなみに地元では放射能漏れを想定して訓練を行うが
米軍は一切参加しないし協力もしない。放射能漏れはありえない、というのがその理由だそうだ。



この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>