石垣
- 2016/07/21(Thu) -
苔番外編

道路わきの石垣で苔を探していると石の隙間からたくましく生えている
植物たちを目にします。毎年町内会の清掃で刈られるのですがへこたれずに
生えてきますね。

素焼きの水受け皿の底に水抜き穴を開けて乾き気味に育成。
半日陰がいいようです。

DSCN4137 (1)0001
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハマキゴケ?
- 2016/07/05(Tue) -
半日蔭の塀の上の瓦に密生している。

DSCN3624 (1)0003

ハマキゴケの蒴? ネジクチゴケの蒴にも似ている?

DSCN3629 (1)0004

植木鉢の根元に張り付けていたら別種と思われるの蒴が出ていた。
わけのわからない世界ですw

DSCN3585 (1)0003

左がホソウリゴケ、右側がハマキゴケ?

DSCN3588 (1)0004

苔玉にしてみました。

DSCN3709 (1)0002

DSCN3710 (1)0002


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒメトサカゴケ?
- 2016/06/28(Tue) -
日陰の湿った岩の上で採取。似たような苔が色々あるので
私のような初心者に同定は困難。

DSCN3671 (1)0001

DSCN3554 (1)0013

DSCN3558 (1)0014
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ネズミノオゴケでもないし、、、
- 2016/06/06(Mon) -
エビゴケ?ツヤゴケに似ているような気もするけどよりスマートな感じ?
近くで見ると綺麗です。

DSCN3742 (1)0001

DSCN3743 (1)0002
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマトフデゴケ?
- 2016/06/02(Thu) -
南東の日当りのいい崖。かなり濃い緑なので苔には見えない。

DSC01856 (1)0001

DSC01857 (1)0002

鉢植えしても非常に美しいです。光と水分のバランスが難しそう。

DSCN3532 (1)0003

DSCN3533 (1)0004



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
簡単
- 2016/05/28(Sat) -
すでに苔が生えている木片や小石を配置。苔に興味のない人が見たらただのゴミw
ハードオフで購入した格安の皿の底に水抜き穴をあけて利用しています。
ドリルはタイル用を使用し、釉薬の少ない皿を選ぶのが簡単にあけるこつです。

右側のふさふさしてるのはアラハシラガゴケ? カモシゴケ?

DSCN3884 (1)0004

毛足の短いのはホソバオキナゴケ? ススキゴケ?

DSCN3887 (1)0005

DSCN3890 (1)0006


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サバイバル
- 2016/05/23(Mon) -
あえて複数の種類を同一条件で育てています。遮光50%、朝夕水やり。

DSCN4143 (1)0002

元気がなくなるのもあれば勢いが増すのもありますね。

DSCN4146 (1)0003

岩からは自然発芽。

DSCN4147 (1)0004

植えた覚えがない苔もあちこちに見えます。

DSCN4150 (1)0005

しょっちゅう水をやってるとナメクジが集まってくるのが悩ましいいw



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
公園
- 2016/05/14(Sat) -
人気の少ない公園にある桜の木の根元。冬場はハイゴケが大部分だが
夏場は他の背の高い草に被われて直射日光と乾燥から守られそう。
苔撮影はローアングルなので周囲に人がいないのを十分に確認しないと
(特におじさんは)不審者扱いされる可能性もあるので要注意です。
変質者扱いは洒落になりませんからw

DSCN3399 (1)0004

DSCN3395 (1)0003

100均のシダに黒糸で巻き付けてみました。苔玉のつもり。

DSCN3717 (1)0005

DSCN3718 (1)0006


この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ギンゴケ
- 2016/05/11(Wed) -
コンクリート壁とアスファルトの間。街中のどこでも見られるのでアーバン・モスという
らしいですが当地では道路上で見られるのはほとんどがホソウリゴケのようです。
ここも緑色のホソウリゴケに侵食されている現場みたいですね。

DSCN3511 (1)0001

日当りの具合なのかエメラルドグリーンに近い色合いです。

DSCN3529 (1)0001

日当りのいい場所で水分をたっぷり与える人間から見たら好条件で育ててみます。
はたして過酷な条件にみえる道路の上がギンゴケにとっては過酷かどうかが
興味があるのです。

DSCN3530 (1)0002

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水辺
- 2016/05/08(Sun) -
水辺で採取したので深めの皿に常に水を張っています。

DSCN3877 (1)0001

コツボゴケかと思って採取しましたが葉の形がちがうようですね。
沈水状態のケチョウチンゴケ(水中葉)に似てるような?
苔かどうかさえわかりませんw

DSCN3878 (1)0002

ミズゴケの仲間でアクアリウム界では有名な通称ウィローモス。水さえあれば極めて強靭。

DSCN3882 (1)0003


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>