ミストラル(Mistral, L 9013)入港   (2)
- 2017/05/02(Tue) -
船尾の上部はエレベーターで下部はドックゲート。手前はフランス海軍の上陸用舟艇。      2017.4.29

DSCN2748 (1)0015

砂浜用(?)の平凡な船型。

DSCN2691 (2)0001

カタマランの船は小さな港用?

DSCN2773 (1)0001

DSCN2837 (1)0002

イギリス海軍マーリンヘリ。(アグスタウェストランド AW101)

DSCN2695 (1)0009

海自の掃海・輸送ヘリコプターMCH-101と同じ?

DSCN2722 (1)0010

DSCN2727 (1)0012

DSCN2731 (1)0006

特殊部隊用?

DSCN2724 (1)0011

DSCN2714 (1)0013



この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミストラル(Mistral, L 9013)入港   (1)
- 2017/05/01(Mon) -
ミストラル(Mistral, L 9013)は、フランス海軍のミストラル級強襲揚陸艦1番艦。

排水量 基準 16,500t
満載 21,300t
全長 199.0m
全幅 32.0m
飛行甲板 5,200㎡
吃水 6.2m
速力 最大速 19kt
航続距離 巡航15ktで19,800海里
乗員 160名
搭載能力
上陸用舟艇 × 2隻
1個大隊
車両 × 60台
兵装 SIMBADシステム × 2基
ブレダ=モーゼル 30mm機関砲 × 2基
M2機関銃 × 4挺
搭載機 ヘリコプター × 16機(最大数)

日仏英米4カ国の訓練に参加するためにグアムへ向う途中寄港したようです。
英軍はマリーンヘリで参加しています。
佐世保で日米の水陸両用部隊と、自衛隊のヘリコプター1機が乗り込み
海上自衛隊の輸送艦「くにさき」とともに、日本周辺の海域で共同訓練を実施する予定。 2017.4.29

PM2.5が高くもっさりとした写真になりました。補正してこの程度です。

DSCN2728 (1)0003

佐世保に配備された『いせ』とほぼ同じ大きさ。

DSCN2694 (1)0002

DSCN2751 (1)0004

何時もは海自護衛艦が係留されている倉島岸壁です。

DSCN2744 (1)0007

DSCN2734 (1)0004

特徴的な煙突。

DSCN2731 (2)0001

DSCN2735 (1)0005

DSCN2903 (1)0001



つづく、、、


この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
まだまだ
- 2017/04/27(Thu) -
臨戦態勢にはほど遠い『ボノム・リシャール』    2017.4.25

DSCN2661 (1)0003

リアゲート付近を改修中のようです。

DSCN2664 (1)0004

追記

『ちはや』出港、『おやしお型』入港。    2017.4.26
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ちはや( Chihaya, ASR-403) 待機中?
- 2017/04/25(Tue) -
21日から『ちはや』がスタンバイしています。朝鮮半島周囲に潜水艦が展開しているのか?
潜水艦救難母艦「ちよだ」の拡大改良型とされており、潜水艦母艦機能を廃する一方で医療設備を強化している。

深海救難艇 (09DSRV)が見えます。 2017.4.21

DSCN2645 (1)0002
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
しょうなん( Syonan, AGS-5106) 入港
- 2017/04/20(Thu) -
海底設置型超音波多層流向流速計、CTD観測装置、音響環境測定システム、曳航式音源装置、観測用測位装置、
マルチビーム式測深儀をを装備している海洋観測艦です。

三次元海底探査船『資源』に続いて入港。関係あるのかな?       2017.4.16

立神岸壁は遠いので『おうみ』と重なって肉眼では確認できませんでした。望遠で撮影中に偶然発見。

DSCN2604 (1)0002

DSCN2609 (1)0001

DSCN2612 (1)0004

DSCN2611 (1)0003

追記

強襲揚陸艦『ボノム・リシャール』の艦長交代式がマスコミに公開の中、行われた。
臨戦態勢にはほど遠い雰囲気ですね。

F35B搭載可能な『ワスプ』と交代することも発表。    2017.4.20



この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
資源     資源エネルギー庁
- 2017/04/18(Tue) -
総トン数 10,395トン
全長 86.2 m
全幅 39.6 m

元はノルウェーの資源企業Petroleum Geo-Services社が運用するラムフォーム・ヴィクトリー号で
2007年(平成19年)に日本が保有、運用することになった三次元探査船です。

DSCN2588 (1)0002

全長6,000メートルの探査線(ストリーマー・ケーブル)12本を搭載し、後方より展開する。

DSCN2590 (1)0003

中国の海底探査に対抗して購入したみたいですね。といっても運用はほぼ丸投げ?
民間船当時は中国船の嫌がらせがひどかったらしいですがさすがに公船になってからは
露骨な嫌がらせはできないようです。     2017.4.13

追記

シャイアン(USS Cheyenne, SSN-773) ロサンゼルス型原潜 17,18日二日連続入港後すぐに出港。   2017.4.18
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マスト色々
- 2017/04/16(Sun) -
『しまかぜ』、『あきづき』、『あけぼの』

並ぶとマストの特徴や高さがよくわかります。

DSCN0323 (1)0001

DSCN0325 (1)0001

DSCN0321 (1)0002

『あまぎり』の特徴的な後部マスト。オフセットされています。

DSCN0331 (1)0003

『あまぎり』、『じんつう』、『きりさめ』

小さな『じんつう』がはさまれているのはあまり見ませんね。

DSCN0314 (1)0001
この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
緊急事態!
- 2017/04/09(Sun) -
極寒の曇天のなか、なにやら動きが、、、

落水者発見! 手に手にオレンジのロープや救命浮環? 2017.1.7

DSCN0700 (1)0002

ウェットスーツや十字のヘルメット。

DSCN0707 (1)0003

落水者に近づいて、、、

DSCN0710 (1)0004

確保。人間じゃないようですねw

DSCN0719 (1)0005

本船から担架を降ろしています。救難訓練みたいですね。
周囲には落水者救助訓練中の落水に備えて別の内火艇が待機していましたw

DSCN0730 (1)0006




この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
交通船
- 2017/04/06(Thu) -
YF-2127「交通船2127号」
第二次大戦の上陸用舟艇みたいですね?

DSCN1850 (1)0013

DSCN1899 (1)0010

同じ交通船ですが船型が異なる交通船2148号

DSCN5814 (1)0005

似ていますが少し大型の交通船1032号

DSCN05650011.jpg

DSCN1533 (1)0001

追記

またあの国がミサイル発射したらしい。しかし米軍は一週間前から準備してるので
衛星の情報だけではないのでしょうね?

2017.4.6


この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
発見
- 2017/04/04(Tue) -
SSK(佐世保重工業)の岸壁で元『くらま』を発見。   
錨の横の突起はなんだろう?                2017.3.28

DSCN2232 (1)0003

船名がないだけで外見はあまり変化がありません。内部の機材を取り外し中?

DSCN2226 (1)0001

DSCN2229 (1)0002
この記事のURL | 船舶 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>