KV-Ⅰ(改) 1/35 トランペッター
- 2015/10/04(Sun) -
経年変化を再塗装。広角20mm、F16の条件ですがライティングしだいでは
机の上の撮影でも十分いけますね?

DSC_1685a.jpg

お気に入りのトラペKVシリーズです。とはいっても
同じパターンではあきがくるので鹵獲ドイツ仕様に
してみました。車体とのバランスを考えて主砲は88mmへ
換装、塗装は初期の明るいジャーマングレイにしてみました。

DSC00168_R.jpg
この記事のURL | その他 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
SU-152 ズヴェロボウイ 1/35  トランペッター
- 2015/09/07(Mon) -
経年変化再塗装。 面での錆の違いに挑戦。

虎殺しのズヴェロボウイ君です。合理的容姿もここまで威圧的になると
かっこよく見えてくるので不思議なものです。キットは高得点の部類で
アルミ砲身が付属してる事を考慮するとCPもなかなかででしょう。
単調になりがちなソ連戦車の塗装ですがロシアングリーンにも数種あるようで
明るめにチャレンジしてみました。

DSC00157 (1)_R

DSC01360 (1)a

DSC01362 (1)a
この記事のURL | その他 1/35 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
メルカバ Mk.4 LIC 1/35 アカデミー
- 2014/08/19(Tue) -
メルカバⅣに市街地用装甲を追加したタイプです。アカデミーに
ついてはこれまであまりいい評価を見ませんでしたがこのモデル
に関しては完全にふっきれたようです。なんの偏見ももたずに
キットを評価すると部品割、プロポーション、滑り止め等のディテール
などかなりの高得点です。適度なエッチングパーツも使いたい人は
つかえばいい、というスタンスでCPまで考慮すると最近私が作った
キットのベスト5に入ると思います。イスラエル製戦車は初めて
ですので特徴のひとつであるシナイグレーから自作しました。市販の
やつでもいいのですが墨入れやウォシング、ウェザリングで元の色調が
かなり変化するので実際より明るめに調合しました。
ジャーマングレー:ダークイエロー:フラットグリーン=3:6:1の割合です。
現代の戦車で使用感があり、実績を伴った迫力をめざしました。

DSC00431_R.jpg

とにかく砲塔がでかくドイツのⅡ号戦車くらいありますw
特徴的な砲塔後部のチェーン装甲はエッチングパーツで用意されて
いますが手間と仕上がりを計りにかけて今回は未装着です。いいサイズの
チェーンが見つかった時に追加予定です。

DSC00435_R.jpg

車体後部の造りが特徴的でエンジンがない分、広くとられたスペースに
負傷者も収容できる大型のハッチと和船の出艫のような収納、さらに
それを延長したキャンバス製の物入れがあります。

DSC00438_R.jpg
この記事のURL | その他 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユニバーサルキャリヤーMk.II&ブレダ 20mm 機関砲 1/35 タミヤ
- 2014/07/16(Wed) -
小粒でピリリの好キットで、フィギュアや内装を塗装しながら
組みたてるのに結構時間がかりました。ついでにブレダ20mmを
のせて武装強化しています。通称のブレンガンキャリアーは
しっくりこないのでユニバーサルキャリアーにしました。

DSC00290_R.jpg
この記事のURL | その他 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
A39 トータス 1/35 MENG Model
- 2014/07/10(Thu) -
大戦末期にトーチカ攻略目的で投入された英国最大の戦車です。
あかぬけないユニークな外観ですがすばらしいキットです。定価は
5000円オーバーですが内容が伴っているので安く手に入る機会があればあ
おみのがしなく。発炎筒への配管など三次元の繊細きわまりないパーツで
ピッタリついた時は感動ものでした。時間と根気があればお勧めです。

DSC00199_R.jpg
この記事のURL | その他 1/35 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ZSU-23-4 シルカ 1/35 ドラゴン
- 2014/07/05(Sat) -
いかにも旧ソ連製らしい無骨なやつ、というのが第一印象ですが何かに
似ているような気がしていました。そしてふと気がついたのが≪プレデター≫!
悪役ぶりも強さもぴったりです。実際初期の中東戦争では近距離でかなりの実績を
あげているし、西側から要注意兵器と名指しされていたツングースカはこれに遠距離用の
ミサイルを追加したタイプです。
キットはかなり古く丁寧なゲート処理が必要ですが普通に組みあがります。履帯も
組み立て式にしては簡単な部類で両側からピンをはめていくタイプのように苦行を
強いられることはありませんが、起動輪との噛み合わせが悪いので注意が必要です。
You-tubeやスカパーなどで見る射撃時の雄姿は迫力満点で低空飛行時のパイロットには
恐怖の存在だったでしょう。


DSC00124_R.jpg
この記事のURL | その他 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マチルダMk.III/IV 1/35 タミヤ
- 2014/06/15(Sun) -
一目見て英国戦車とわかる無骨な歩兵戦車です。ただ分厚い装甲も
ドイツの88mm砲には無力なことがアフリカ戦線で明らかになりました。
キットはすばらしいのですが他の高得点キットとは一味違います。
細かい部品やプロポーションはもちろんですが全体の質感がすばらしい
のです。あらゆる製品にいえるとおもいますが日本製が生き残るには
こういう方向しかないのかもしれません。よくわからない英国の
迷彩塗装もいい味だしてます。

DSC00222_R.jpg

最新英国迷彩永谷園風w

2165c7b5.jpg

Dazzle camouflageの例(第二次大戦)

dazzle-painting-ship_m.jpg

war-clover-dazzle-camo-sketch_m.jpg
この記事のURL | その他 1/35 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
M5A1(改) ユーゴスラビア軍無線指揮車 1/35 タミヤ
- 2014/01/02(Thu) -
キットは焼き止め式履帯など古さも感じられますが
履帯上部が泥除けで隠れますので垂れ下がりなどの
作業もいらず、意外とリアルに仕上がります。

妄想の種

M3A3 with Pak40
M3A3 with Pak40 ユーゴスラビア

M577
M577.jpg

大戦末期、ユーゴスラビアパルチザンに対して連合軍よりM3A3戦車が供与された。
しかし戦車としては武装も装甲もドイツ軍に対抗できない為、やむをえず鹵獲した対戦車砲
などを搭載するウェポンキャリヤーとして利用された。こんなマイナーな車両だが
キットとして発売されるのでさらにひとひねりして兵員輸送車兼無線指揮車を作成する。
鋼板をボルト止めした簡易装甲に破壊したドイツ車両から部品を調達して現地で製造した。

DSC01122_R.jpg

DSC01121_R.jpg

DSC01117_R.jpg

DSC01119_R.jpg

DSC01115_R.jpg




この記事のURL | その他 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クォード ガントラクター(改) 1/35 タミヤ Part 3
- 2013/09/27(Fri) -
現地での仕事という感じで側面の装甲と車輪車止めを追加。
実際は架台を完全に固定するのですかね?

DSC00868_R.jpg


DSC00866_R.jpg

DSC00867_R.jpg

DSC00874_R.jpg
この記事のURL | その他 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クォード ガントラクター(改) 1/35 タミヤ Part 2
- 2013/09/26(Thu) -
25ポンド砲に合わせて荷台とタイヤハウスの大きさを
設定。荷台へは前部よりアクセスできるようにしてある。

DSC00861_R.jpg

DSC00862_R.jpg

DSC00859_R.jpg

結構な迫力ですね。運転中は撃たないようにw

DSC00876_R.jpg

Part 3 へ続く。
この記事のURL | その他 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>