FC2ブログ
試行錯誤
- 2018/02/23(Fri) -
最近は戦車をグリグリ動かすゲーム(WoT)で暇つぶししているのですが、動きのあるCGで戦車をリアルに見せるためには
履帯の表現にこつがあるみたいです。よほどの泥沼状態でないかぎり履帯の接地面がほどよく光ってる点ですね。

かなり前に激安で購入した中華ラジコンタイガー(1/24)の金属製履帯をみがいてみました。
やはり塗装での金属感とは一味違いますね。プラモ風に静止状態で写真に撮るとやり過ぎ感がありますが
動いている時はこれくらいがリアルです。

DSCN6450 (1)0001

DSCN6447 (1)0002

WoTは制作元がウクライナなのでソ連戦車と比べるとドイツ戦車はなにかと冷遇されています。なにも知らずに購入した
タイガー131(映画フューリーに出たタイガーのモデル)で出撃してひどい目にあいましたw
重戦車ではなくほとんど中戦車あつかいで装甲がペラペラなのです。

ゲーム内のタイガー131

tiger131.jpg

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | その他の模型 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<いい天気 | メイン | でかいです。。。>>
コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://westsea22.blog.fc2.com/tb.php/625-943beec5
| メイン |