USNS Rainier (T-AOE-7) アメリカ海軍
- 2016/07/14(Thu) -
4Kmほど先の岸壁で発見。サプライ級高速戦闘支援艦( Supply-class fast combat support ship)です。
PM2.5が高めで厳しい撮影条件でした。

Displacement: approx. (49,600 t)
Length: (230.0 m)
Beam: (33 m)
Draught: (12 m)

搭載可能内容

燃料156,000バレル(24,802 kL)
艦艇用燃料タンク30%
航空燃料タンク40%
両用タンク30%

55ガロン入ドラム缶500缶
弾薬1,800トン
冷蔵食糧400トン
その他物資250トン


DSCN5608 (1)0001

DSCN5612 (1)0002

DSCN5614 (1)0004

DSCN5613 (1)0003

7/14付の当地地方紙を見ると停泊中のイージス駆逐艦ジョン・S・マケインにて油漏れ事故が発生し
自衛隊が海上の油回収に活躍した、という内容の記事があった。お疲れ様といいたいところだが
なんか違うような気がする。事故であれ火事であれ少しでも機密性の高い場所や機種、艦種の
場合は日本側の立ち入りを完全に拒否し、自分たちで後始末を行う(だけの能力がある)ので
ある。汚れ仕事だから自衛隊に丸投げするのか?
これが放射能漏れならどうするのか?ちなみに地元では放射能漏れを想定して訓練を行うが
米軍は一切参加しないし協力もしない。放射能漏れはありえない、というのがその理由だそうだ。



関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<特16式内火艇 (1)      | メイン | 任務 (2)>>
コメント:
--
BAKOBAさん、こんにちは。

汚れ仕事の油回収費用も負担したんかな?
米さんがするより、仕事丁寧な海自さんがした方が、よかったと思います。でも、回収費用もこちら持ちなら(*`Д´)ノプンプンですよね。訓練にも協力的に参加してくれることを願います。
2016/07/14 18:24  | URL | よんよん #-[ 編集] | ▲ top

--
確かに海自の仕事の方が丁寧ですね。すぐとなりに海自の
護衛艦が停泊していますので単に自分の船が汚れるのを
嫌って自主的に回収したのかも?w

費用は絶対に負担しません!日本からむしりとる事は
あってもその逆は皆無ですから。

我が家の絶壁もすごかったですが(笑)、米軍が日本に
負担させて造成した絶壁もある意味すごいので今度撮影して
アップしますね。
2016/07/14 18:52  | URL | BAKOBA #-[ 編集] | ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://westsea22.blog.fc2.com/tb.php/390-3fd3b60c
| メイン |