リフォーム(2) ヘリンボーン
- 2016/04/23(Sat) -
リビングは安くあげるために旧フローリングの上から新たにフローリング材を施工。
天井も上張りしたので結果的に天井高が3cmほど下がりました。

フローリング材は気分転換に花梨をヘリンボーン張りにしています。
ヘリンボーンとはニシンの骨という意味で、日本では杉の葉の形に
似ているところから杉綾(すぎあや)と呼ばれてます。

今回のリフォームで時間がかかったのは既存の床の水平を出すことでした。
最初の調査で問題なしという診断でしたので床を残したまま施工しましたが
キッチンを施工する時点で水平に設置できないことがわかりました。
床が水平と判断したのは工務店の調査ミス。基礎は問題なかったので
床下からの調整で事無きをえましたが工期が二週間延びました。
追加支払いなしの条件で契約しておいて助かりました。

DSCN15150004.jpg

DSCN15250005.jpg

DSCN20080001.jpg

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<災害派遣 | メイン | お久しぶり>>
コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://westsea22.blog.fc2.com/tb.php/292-a0cb9f2a
| メイン |