ロケットストーブ(2)    1/1     七輪(改)
- 2015/11/25(Wed) -
煉瓦より遮熱性がすぐれ軽量、かつ入手容易な素材は七輪しかありませんw
長年使い込んだ角型七輪があったので一般的な円筒形七輪を購入して合体させます。

改造点

1. 角型七輪の中央部にあるしきりを切除(薪を入れやすくする為)
2. 円筒形七輪の底をくり抜いてほんとの円筒にする。
3. 円筒形七輪の空気取り入れ口を塞ぐ。開閉式の大きいのが1箇所と直径1cmほどの
  穴が8箇所

七輪は珪藻土でできており加工は簡単です。木工用ドリルと彫刻刀で十分です。
仕切りを切除したので多少強度はおちるかもしれませんが加工前同様七輪としても使えます。

53094a.jpg

底をくりぬいたところです。すのこを敷いてコンロに乗せれば炭の着火器具にはなるかも?

53091a.jpg

くり抜いた底板を削って空気取り入れ口にぴったりと差し込みます。底を削った時にでた珪藻土の粉末に
少量のセメントを混ぜて水で練り上げたもので隙間と側面の小さな穴を埋めます。空気の通り道を
塞ぐだけですので強度はいりません。

53093a.jpg

円筒型七輪の足がちょうど五徳になります。

53095a.jpg

角型七輪には空気取り入れ口が二箇所あるので燃焼が安定するまではこれが重宝します。
練炭用のすのこを五徳がわりに使えば火力調整も可能。

53099a.jpg

すざましいパワーです。細めの薪なのですが完全燃焼している感じで煉瓦製より数倍早く
安定して灰や煙も半分以下です。製品化してもいけるのでは?

DSC_0436 (1)a

現実的には薪を現地調達(細い木の枝等)しても十分に煮炊きできそうです。被災地なんかでは
役に立つのではないでしょうか。角型七輪の空気取り入れ口が調節できるのでいろいろな使い方が
できます。薪を手前にひっぱり出してチョロチョロゆっくり燃やすことも可能です。

DSC_0429 (1)a
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<クリスマス   2015 | メイン | ロケットストーブ(1)    1/1    耐火煉瓦>>
コメント:
-う~ん-
中国の溶鉱炉みたいですね。
さんまを焼いたら、灰になりそうです。
砂浜の砂鉄を集めて、粗鉄を精製?

それにしても、艦艇好きには絶好のロケーションです。
うらやましい!
2015/11/25 21:15  | URL | メバル所長 #-[ 編集] | ▲ top

--
家族の冷たい視線に耐えながら精進していますw
港が散歩コースなのでまたアップします。
米軍もいますのでお楽しみに。
2015/11/26 08:47  | URL | BAKOBA #-[ 編集] | ▲ top

-期待しています。-
家族の冷たい視線に負けず
是非、精進してください。

戦争に負けたので仕方がないけど
米海軍、良い場所占めていますよね。
ゆうゆうと停泊している米海軍
目刺のように、横並びの自衛艦
ああ、戦争に負けたんだと
つくづく思います。
しかし、今の若い人の中には
日本とアメリカが戦った事もしらない人もいるとか。
ゆとり教育の弊害でしょうかね?
長くなりました、失礼します。
2015/11/28 00:28  | URL | メバル所長 #-[ 編集] | ▲ top

--
ご指摘のごとく港と市中心部の一等地は米軍が利用しています。
ただ当地が軍港から発展した歴史の無い街だからかよそ者に対する
アレルギーがきわめて少ない土地柄なので沖縄のようなトラブルは
あまりありあません。建国記念日に市民が数千人参加する日の丸行進が違和感なくつづいている雰囲気です。子供のころのエンプラ事件を目の当たりにして複雑な気持ちになったのを思い出しました。
2015/11/28 05:22  | URL | #-[ 編集] | ▲ top

--
こんばんは。これだけ炎が出れば楽しそうです。
キャラメルソースとか入ったマシュマロを割り箸で、突き刺して炙って食べると美味しいです
(^o^)/
2015/11/30 19:28  | URL | よんよん #uoCwpPPE[ 編集] | ▲ top

--
あぶりマシュマロは美味しいですよね。
でも目を離さないようにしないとマシュマロが
消えてなくなりそうな炎ですw


2015/12/01 12:03  | URL | BAKOBA #-[ 編集] | ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://westsea22.blog.fc2.com/tb.php/234-6e0310af
| メイン |