セーフハウス(2)      1/1     タマホーム
- 2015/03/30(Mon) -
価格的には妥当な提案が他にも数社あったのだがほぼ企画住宅で
サイコロのような外観がしっくりこなかった。その点、タマホームは
注文住宅で既製品嫌いの私の条件に合っていたのだが現実はそう単純ではなかった。
厳密に言うと注文住宅という言葉の定義の問題になるが法的な縛りはないので
いかんともしがたい問題なのです。
わかりやすくいうとレゴで自由に家を作っていいよ、と言われたけれどいざ作り出すと
レゴの部品の種類が数種類しかなく、色も自由に選べないという感じですね。
追加部品の支払いをすればいいのかと思いきやタマホーム指定品以外は
いろいろと理由をつけて使わせない。現場の作業効率を最優先して人件費を
削減することで坪単価を下げているのでそのあたりに理由があるのかもしれません。
同じ部品で同じ作業を繰り返すのが高効率でミスが少なくなるのはわかりますが、、、
その安い坪単価もさらにからくりがあって述べ床面積ではなく施工面積がタマホームの
基準なのです。つまり延べ床面積+バルコニー+小屋裏収納+ロフト+吹き抜け=施工面積
なので実際に生活する屋内の部屋や廊下の面積以上の数値で総支払い金額を割るわけです。
おしゃれな二階建てになるとかなりの差が出てきますので坪単価で10万近くの差がでるのではないでしょうか?
さらに諸経費(あいまいですが、、)がかかりますので実際の坪単価は40万程度だと思います。
これはなにもついていない状態なので普通の感覚のオプションをプラスして坪45万程度になるでしょう。
ネガティブな感想ばかりのようですがさらにかなりのオプション(床暖、高断熱サッシ、高品質床材、高機能外壁など)
をつけても平屋の注文住宅で坪50万をきる値段の魅力はかなりのアドバンテージになります。
あとは述べ床面積と施工面積をいかに近づける設計をするかですね。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<セーフハウス(3)      1/1       タマホーム | メイン | セーフハウス(1)      1/1       タマホーム>>
コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://westsea22.blog.fc2.com/tb.php/206-a6fbd9cb
| メイン |