BW-1000      1/1      吉本キャビネット
- 2014/12/20(Sat) -
絨毯スピーカーで固定観念から開放され次の試作機の構想を練る。

上向きの無指向性にするのでユニットは小口径フルレンジ(重力の関係)。
ユニットはマグネット側で固定しバッフル板との間にはクッションのみ。
中低音を補強したいのでバックロードホーン構造。

ワンサイズ上のバックロードホーンキットにFE83Enを押し込んで視聴位置から
見下ろすようにセッティングすることで直接音が聞けるよにする。

キットはレーザー加工なのでプラモデルのように簡単に作れます。
コーナーをモルタルで補強中。

20141220161123003.jpg

便利なベルト式クランプですが接着剤がはみ出るので大きめの板にはさむ必要があります。

201412.jpg

下部ホーンにジャブコンを流し込んでホーンの鳴きを防止したら塩ビシートでラッピングします。

20141220161123181.jpg

ネットでホーン開口部を隠しゴムでコーティングした充填材をユニットとバッフル板の間にはさみます。
この状態で低い位置にセッティング。

20141220161123210.jpg

早速試聴してみましたがユニットが新品なのも影響しているのか期待した迫力は感じられません。
やはり線の細い印象ですね。少しエージングしてからバッフル板に直接固定した場合と比べてみたいと思います。




関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | オーディオ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<BW-1000  (2)    1/1      吉本キャビネット | メイン | アストンマーチン ONE-77      1/18      オートアート>>
コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://westsea22.blog.fc2.com/tb.php/193-ecf49c4d
| メイン |