8輪重装甲車 Sd.Kfz.232(改)   1/35 タミヤ
- 2017/01/28(Sat) -
経年変化を塗装。 
プラモをよく作っていた頃は病み上がりで一日中家に籠っていたのを思い出しました。
私自身は経年変化で当時より若返ってますw   2017.1.22


DSCN1136 (1)0001

DSCN1129 (1)0001

DSCN1137 (2)0003

アフリカ軍団仕様の強行偵察車両です。強行偵察とは偵察がてらに
敵にちょっかいを出して敵の反撃からその装備や数を探るというものです。
すぐに逃げられるように作ったかどうかはわかりませんが後ろ向きにも
運転席があり他に類を見ない造型です。キットは文句なしのタミヤクオリティー
で複雑な足回りも最少の部品数で見事に再現されておりお勧めです。しばらく箱絵の
車体を眺めていると後部のエンジン部分がフロントエンジンに見えてきてムラムラと
妄想がわいてきました。     2013.11

妄想の種 YP-408

DAF_YP-408.jpg

戦局が厳しくなったドイツ軍は貴重な装甲車を強行偵察のみに使用し続ける
余裕はなくなっていた。そこで前部の運転席を撤去して兵員輸送車としても
利用できるように改造したのであった。

車体前部をフレームのみにしてハノマーク装甲車の後部車体を移植する
ニコイチで楽勝の予定だったのだが、、、、
なにしろ装甲面が複雑な上、微妙に傾斜角度が異なっており車体幅の補正まで
手を入れるととスクラッチと変わらない手間でした。

DSC01048 (1)a_R

車体後部がハノマークハーフトラックのエンジン部分にそっくり
なのを利用して合体させます。マフラーはエンジンルーム側面に
移動してマフラーカバーもそのまま流用しています。        

DSC01029_R.jpg



運転席周りはハノマークを流用し、後部にはベンチシートと折りたたみ式の
椅子を設置しています。20mm機関砲用にフロアは補強と嵩上げ施工。

DSC01037_R.jpg

現代でも通用しそうなフォルム。

DSC01045_R.jpg

完成してみれば苦労を感じさせないシンプルラインw

DSC01035_R.jpg

お父さん、お母さんと家族写真w

DSC01050_R.jpg


長期航海任務から帰港し休養中の『すずつき』    2017.1.26

DSCN12500008.jpg

船体の汚れは上からペタペタペンキを塗ってました。

DSCN12510006.jpg
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<かしま | メイン | うみぎり入港>>
コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://westsea22.blog.fc2.com/tb.php/148-78ce75d1
| メイン |