日本丸(独立行政法人海技教育機構)
- 2017/08/30(Wed) -
船員養成の為の練習船です。日頃ねずみ色の船ばかり撮影しているので新鮮ですw  2017.8.30

総トン数 2,570
全長(m) 110.09
垂線間長(m) 86.0
型深(m) 船楼甲板/上甲板 10.72/8.20
満載喫水(m) 6.57
幅(フィン張出時)(m) 13.8
ディーゼル/2基
最大搭載人員(実習生定員) 190(120)

DSCN5304 (1)0001


DSCN5283 (1)0002

DSCN5281 (1)0003

DSCN5279 (1)0005

マスコミや観光大使の姿も見えました。歓迎されているようです。

DSCN5286 (1)0001

DSCN5278 (1)0006

DSCN5274 (1)0004

DSCN5267 (2)0001

スポンサーサイト
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
YDT-06
- 2017/08/28(Mon) -
水中処分母船1号型(YDT-01 class diving tenders)の潜水作業支援船です。
支援船第2種に分類されており、公称船型は300トン型水中処分母船。

沖縄水中処分隊所属のYDT-06       
掃海艇と並ぶと小型ですね。       

DSCN1955 (1)0009

DSCN1941 (1)0004

再圧チェンバーも備えているので潜水員は安心。

DSCN1932 (1)0002

船尾には潜水員用昇降機。

DSCN1928 (1)0003

DSCN1925 (1)0001

単独になったので追加。

DSCN2193 (1)0004

DSCN2198 (1)0005
この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
US 2.5 Ton 6x6 トラック(改)   1/35 タミヤ
- 2017/08/24(Thu) -
経年変化を再塗装。妄想AFVなのですが私のお気に入りです。

DSCN4910 (1)0006

DSCN4912 (1)0007

DSCN4916 (1)0008

DSCN4923 (1)0009

破壊されたM2のリア周りを6×6トラック移植して物資の運送に利用した。
という設定でニコイチを作成。履帯化に伴いドライブシャフトの延長と強化、
リアトレッドのワイド化をかねてシャーシの補強を行う。複雑なリア周りに
なりそうだが6×6ではリアドライブシャフトが2本ありトランスファーも大型なので
半軌道の方が逆にすっきりしている。  2013.3

DSC00715_R.jpg

DSC00720_R.jpg

DSC00725_R.jpg

DSC00728_R.jpg
この記事のURL | 米 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
しまかぜ
- 2017/08/21(Mon) -
しまかぜ(Shimakaze, DDG-172)ははたかぜ型護衛艦の2番艦です。

お盆休み明けに気を引き締めるための見回り?

DSCN4949 (1)0001

外側を歩けるように並んでいますね。艦橋ではラッパ。

DSCN4933 (1)0002

赤いとの黄色いのを手に持っている人はなんだろう?。

DSCN4965 (1)0004

DSCN4971 (1)0003

先日佐世保に来たジョン・マケインがタンカーと衝突しました。 ジョン・マケイン


この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
VSLは簡単だ!
- 2017/08/18(Fri) -
お盆でここ一週間ほど船に動きがありません。少し前の撮影です。

あきづき型護衛艦のVLS取り出しです。ハッチを開けてフックを掛ける
だけなので短時間の作業ですね。他のミサイルシステムはケースからの取り出しと
装填があるので煩雑かつ危険です。この日は背景の山が見えないほどPM2.5が高く
視界が悪かったです。

DSCN4515 (1)0001

あとは見てるだけ。

DSCN4517 (1)0002

DSCN4528 (1)0003

DSCN4531 (1)0004

DSCN4537 (1)0005

一時間ほどしてまた見に行くと今度はトラックから積み込んでいました。
最後の微調整は人力ですね。ミサイルの定期点検?

DSCN4557 (1)0002

この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
フェラーリ 250 GTO '62 1/18 Hot Wheels エリート
- 2017/08/14(Mon) -
残念ながらこれまで購入したミニカーの中で最悪の商品でした。ネットは便利ですが詳細を
見ることができない欠点を痛感しました。全体のプロポーションはなかなかなのですが
とにかく小さな部品の質が最悪な上、粗悪な接着剤を使用しているらしく部品が
ポロポロと剥離します。製品そのものがかなり古い在庫品だったのも一因かもしれません。(想像)
格安の投売り品ならあきらめますがけっこうな値段でしたのでかなり落ち込みました。

DSCN1907 (1)0017

DSCN1902 (1)0016

DSCN1898 (1)0020

DSCN1912 (1)0018

DSCN1924 (1)0019
この記事のURL | 伊 1/18 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『あまみ』帰港
- 2017/08/11(Fri) -
あまみ型巡視船(公称船型は350トン型)

排水量 343トン
全長 56.0 m
全幅 7.50 m
深さ 4.00 m
吃水 1.92 m
出力 7,000馬力
速力 25ノット
乗員 33名
兵装 JM61 20mm多銃身機銃×1門

九州南西海域工作船事件で船橋を100発以上の銃弾に貫通され、後に防弾化されました。

DSCN4450 (1)0001

かなり汚れていますので長期航海後か?

DSCN4455 (1)0002

DSCN4458 (1)0003

DSCN4467 (1)0004

特徴的な観音開きのテールゲート。全力後進時の打ち込みが激しく、新造艇では採用されていない。

DSCN4471 (1)0001


この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヘリ故障?
- 2017/08/08(Tue) -
『あまぎり』が帰港してきました。

DSCN4676 (1)0001

なぜかヘリを載せたままです。通常は帰港前に大村航空基地へ向けて飛び立つのです。
(大村までは30Kmくらい)

DSCN4700 (1)0002

回転翼も全開ですね。

DSCN4719 (1)0004

良く見ると機上で作業しています。

DSCN4716 (1)0003


DSCN4721 (1)0007

そのまま接岸です。

DSCN4731 (1)0005

勉強不足で知りませんでしたがソマリア沖海賊の対処活動にむけ8月6日に出港しました。その
準備だったのですね。  ('◇')ゞ

DSCN4744 (1)0006
この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
佐世保ではあまり見ない『くろべ』
- 2017/08/05(Sat) -
くろべ( Kurobe, ATS-4202)です。
少し前の写真ですが、私は初めてお目にかかりました。護衛艦ではなく訓練支援艦なのですね。

無人標的機を射出・誘導することで対空射撃訓練を支援するようです。標的機はBMQ-34AJファイアービー、
BQM-74EチャカⅢをそれぞれ4基ずつ、計8基搭載しています。
第1海上訓練支援隊所属で定係港は呉です。

DSCN2079 (1)0001

2200tですのでかなり小ぶりですね。

DSCN2070 (1)0002

主砲はなんの目的?

DSCN2102 (1)0004

DSCN2076 (1)0004

特徴的なマストとアンテナ。

DSCN2084 (1)0005

* 台風接近のため8月6日の護衛艦一般公開は中止になりました。ご注意を!

この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミサイル駆逐艦入港
- 2017/08/03(Thu) -
ジョン・S・マケイン (John S. McCain, DDG-56)
排水量 満載: 8,362 トン
全長 153.9 m (505 ft)
全幅 20.1 m (66 ft)

去年入港した時は佐世保港内で燃料漏れをおこした船です。原潜の放射能漏れでなくてよかったです。

一週間ほど前から米軍の大型船が一隻もいません。佐世保が攻撃対象になっているのか
それとも韓国から米軍の家族を撤退させているのか?と勘繰りたくなりました。

DSCN4630 (1)0001

DSCN4668 (1)0002

入港時はもやがかかってました。

DSCN4585 (1)0001

DSCN4590 (1)0002

DSCN4596 (1)0003

衝突事故から甲板に出てる人数が増えたような感じ?

DSCN4599 (1)0004

DSCN4609 (1)0005
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>