8輪重装甲車 Sd.Kfz.232(改)   1/35 タミヤ
- 2017/01/28(Sat) -
経年変化を塗装。 
プラモをよく作っていた頃は病み上がりで一日中家に籠っていたのを思い出しました。
私自身は経年変化で当時より若返ってますw   2017.1.22


DSCN1136 (1)0001

DSCN1129 (1)0001

DSCN1137 (2)0003

アフリカ軍団仕様の強行偵察車両です。強行偵察とは偵察がてらに
敵にちょっかいを出して敵の反撃からその装備や数を探るというものです。
すぐに逃げられるように作ったかどうかはわかりませんが後ろ向きにも
運転席があり他に類を見ない造型です。キットは文句なしのタミヤクオリティー
で複雑な足回りも最少の部品数で見事に再現されておりお勧めです。しばらく箱絵の
車体を眺めていると後部のエンジン部分がフロントエンジンに見えてきてムラムラと
妄想がわいてきました。     2013.11

妄想の種 YP-408

DAF_YP-408.jpg

戦局が厳しくなったドイツ軍は貴重な装甲車を強行偵察のみに使用し続ける
余裕はなくなっていた。そこで前部の運転席を撤去して兵員輸送車としても
利用できるように改造したのであった。

車体前部をフレームのみにしてハノマーク装甲車の後部車体を移植する
ニコイチで楽勝の予定だったのだが、、、、
なにしろ装甲面が複雑な上、微妙に傾斜角度が異なっており車体幅の補正まで
手を入れるととスクラッチと変わらない手間でした。

DSC01048 (1)a_R

車体後部がハノマークハーフトラックのエンジン部分にそっくり
なのを利用して合体させます。マフラーはエンジンルーム側面に
移動してマフラーカバーもそのまま流用しています。        

DSC01029_R.jpg



運転席周りはハノマークを流用し、後部にはベンチシートと折りたたみ式の
椅子を設置しています。20mm機関砲用にフロアは補強と嵩上げ施工。

DSC01037_R.jpg

現代でも通用しそうなフォルム。

DSC01045_R.jpg

完成してみれば苦労を感じさせないシンプルラインw

DSC01035_R.jpg

お父さん、お母さんと家族写真w

DSC01050_R.jpg


この記事のURL | プラモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うみぎり入港
- 2017/01/26(Thu) -
うみぎり( Umigiri, DD-158) 定係港は呉です。
私ははじめてお目にかかりました。ここ数日米軍の船も含めて護衛艦の出入りが目に付きます。
2017.1.24 入港、1.25 出港。

DSCN1142 (1)0001

DSCN1152 (1)0002

『うみぎり』、『さわぎり』 格納庫がでかいですね。

DSCN1170 (1)0003

DSCN1177 (1)0004
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ししじま』入港
- 2017/01/24(Tue) -
久しぶりの晴天。ししじま( Shishijima, MSC-691)が入港しました。
沖縄基地隊第46掃海隊所属です。    2017.1.24

悲報  
撮影直後に重油漏れ事故発生。翌日の地方紙に掲載されてました。
原潜入港と自衛隊の不祥事は小さなことでも必ず掲載します。
仕事熱心な記者がいるようで、、、    2017.1.25

DSCN1188 (1)0001

DSCN1192 (1)0002

機銃がむき出しです。

DSCN1184 (1)0003



この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
青雲丸(2)   独立行政法人航海訓練所
- 2017/01/22(Sun) -
岸壁は整備されたばかりですので綺麗です。ただ給水設備は
あるのですが給電が整備されておらず接岸した船が発電機を
24時間回しており、うるさく臭いので不評でした。最近やっと
見苦しい露出配管で電線を引き回しています。
陸電を整備しないとは何を考えて設計しているのやら?

P1000105 (1)0001

P10001280001.jpg


DSCN1643 (1)0004

720_2011 (1)0009

720_1991 (1)0010
この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
青雲丸(1)   独立行政法人航海訓練所
- 2017/01/22(Sun) -
二代目の大型練習船青雲丸です。
総トン数  5,890t 全長  116.00 m
最大搭載人員(実習生定員)  252名(180名)
75日程度で世界一周航海できるように航海速力19ノット以上に設計されています。 2016.8.1

DSC_2526 (2)0008


DSCN1640 (1)0002


追加  2017.1.15

DSCN0888 (1)0003

DSCN0848 (1)0001

DSCN0844 (1)0003

DSCN0838 (1)0002



この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
しまゆき( Simayuki, TV-3513,DD-133)
- 2017/01/20(Fri) -
練習艦初の女性艦長が就任した船ですね。
2017.1.18 入港。19日にはもういませんでした。

DSCN0934 (1)0003

DSCN0929 (1)0002

DSCN0931 (1)0004

DSCN0932 (1)0005
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『はるさめ』 入港
- 2017/01/16(Mon) -
だいぶ護衛艦が増えてきました。  2017.1.13

DSCN0814 (1)0002

なにやら白いものがちらちらしています。

DSCN0821 (1)0003

望遠で見るとすごい数のカモメが乱舞。ちょうど漁船の網上げに群がるような感じです。
はるさめの隊員が普段から餌をやっているのか?カモメは頭がいいから船名まで覚えてる?

DSCN0820 (1)0004

すぐに給油。

DSCN0833 (1)0001

航空燃料。

DSCN0832 (1)0002

船舶燃料。

DSCN0828 (1)0003

米原潜 ルイビル(USS Louisville, SSN-724)入港、同日出港。今年はすでに三隻目。  2017.1.15

この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シダ →  溶岩   シダ溶岩 w
- 2017/01/14(Sat) -
溶岩(軽石)は手軽なのですが保水力は弱いので常に水を張っています。

DSCN0656 (1)0001

DSCN0659 (1)0003

色々な苔や植物が自然と生えてくるのが楽しみ。

DSCN0661 (1)0002
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
帰港
- 2017/01/12(Thu) -
アフリカ東部ソマリア沖の海賊対策25次隊として長期任務についていた『すずつき』が半年ぶりに帰港。
『いなづま』とともに三か月の任務でした。   2017.1.12

P1000028 (1)0001

あいにくの天気ですが岸壁ではテントを張って式典の準備。

P1000032 (1)0002

船上も礼服ですね。

P1000037 (1)0003

翌日 晴天 2017.1.13

DSCN0822 (1)0001

この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
さみだれ(JS Samidare, DD-106) 入港
- 2017/01/08(Sun) -
年明けから動きがなかった倉島岸壁に着岸。  
定係港は呉です。    2017.1.8

DSCN0683 (1)0002

係留作業が終わるとすぐに給油船が接舷。

DSCN0689 (1)0001

ロサンゼル級原潜 パサデナ(USS Pasadena, SSN-752) 入港。 20分で出港。




この記事のURL | 船舶 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>