短魚雷?
- 2016/10/30(Sun) -
砲弾やVLSの搬入に気を取られて見逃すところでした。

DSCN96670001.jpg

Mk.46 短魚雷?

DSCN9668 (1)0002

DSCN9670 (1)0003

DSCN9673 (1)0005

ヘリ格納庫へ入って行きました。

DSCN9674 (1)0004
この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
珍客(4)
- 2016/10/29(Sat) -
アライグマを捕獲した後、しばらくは平穏な日々が続いていたのですが一階と二階の間にある
ひさしに動物の糞があるのを発見!
また屋根裏に住み着かれたら大変なので通り道と思われる軒下に罠を設置しておきました。
餌はドッグフードです。

DSCN0186 (2)0008

DSCN0204 (1)0007

前々回捕獲したテンより二周りほど小さいので今年生まれた子供のようです。
小さいけど凶暴ですよ!  w( ̄o ̄)w

[広告] VPS
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
SAE YU DAL
- 2016/10/27(Thu) -
韓国の木浦海洋大学校の練習船 『SAE YU DAL(セユダル)』

Gross Tonnage: 3644 t
Length Overall x Breadth Extreme: 102.7m × 14.5m

木浦海洋大学校は、1950年に木浦水産商船高等学校として開校し、1979年に木浦海洋専門大学となった後、
1993年に現在の木浦海洋大学校となったそうです。
日本の海上保安大学と交流があるようです。

DSCN0074 (1)0003

DSCN0073 (1)0002

DSCN0159 (1)0001

DSCN0071 (1)0001

手前は『よさこい』の演舞。

DSCN0149 (2)0001

ちょうど『よさこい祭り』の最中で街中は派手な衣装を着た踊り子さんたちでぎわっていました。そのなかを
この格好で歩くものですから目立ちまくり。最初はコスプレと勘違いされていましたが日本の女の子が韓国の男子学生と
記念撮影なんかしていい雰囲気でした。

が、、、

カメラマンが韓国の女子学生にレンズを向けたとたん、すごい目でにらまれ詰め寄られたのであたりは気まずい雰囲気に
なりました。お国柄の違いかな? (@_@;)

DSCN0143 (1)0001
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
よさこい 2016
- 2016/10/25(Tue) -
2016.10.21から三日間『よさこい祭り』が開催されました。全国からチームが参加してにぎわいます。
駅前や公園など市内の数か所で演舞が披露されました。

DSCN0149 (1)0001

DSCN0133 (1)0002

広報の一環でしょうが海自の倉島岸壁も会場の一つになっています。自衛隊としてのチームも
参加して特徴ある演技を披露していました。ただ残念だったのは午前中いっぱい雨が残り天気に
恵まれなかったことです。

DSCN0094 (1)0001

開演前、雨の中でも完璧に準備をするのが自衛隊流。万全を期して自衛隊病院の救急車まで待機中。
陸からの撮影で見栄えがいいように艦首を会場のバックに揃えるように係留させていますね。
薄暗い早朝6時から用意をしていたのを私は知っています。

DSCN0101 (1)0003

演舞が終わる昼過ぎまで海上にはインフレ―ターボートが二艇待機していました。
岸壁からの落水に備えてる?

DSCN0086 (1)0002
この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
T34/76 1943年型 チェリヤビンスク 1/35 タミヤ
- 2016/10/23(Sun) -
T34/85仕様にして冬季迷彩に挑戦してみたがリアルには程遠い。 
思うような色がでない。。。  2016.10.5

DSCN9261 (1)0005

DSCN9254 (1)0004

DSCN9249 (1)0003

DSCN9248 (1)0002

DSCN9244 (1)0001

実戦投入後風に再塗装。まだ損傷はあまりない経年変化。 2013.10

DSC01334c.jpg

DSC01330c.jpg

T34のキットでは一番簡単な入門用です。転輪はゴムがないので
面倒な塗装はいらないし部品数も少なめです。実車もそうであった
のですが履帯が薄く見栄えがしないので塗装と垂れ下がりに
一工夫が必要でしょう。T34は時期、工場ごとに色々なバリエーションが
ありますのでこのキットは改造のベースに最適です。

DSC00371_R.jpg

おまけ T34/85

DSC00375_R.jpg

もうひとつ 鹵獲独T34

DSC00378_R.jpg

この記事のURL | その他 1/35 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
積み込み(3)
- 2016/10/21(Fri) -
ヘリの梱包が終わったので帰宅しようとしていると軽装甲機動車と高機動車の車列が到着しました。
てっきり『おおすみ』への積み込みかと思い再度撮影しようと見ていたら、、、
なんだか雰囲気が違います。

突然岸壁周囲に迷彩服の隊員が展開します。3台の軽装甲機動車も展開していきます。

DSCN9974 (1)0001

完全装備です。岸壁には似合わないというか目立ちすぎ!

DSCN9971 (1)0002

続々と完全装備の陸自隊員が、、、
こんな人たちが助けに来てくれたら頼もしいですね。

DSCN0036 (1)0005

軽装甲機動車では機関銃を装着したターレットから監視しています。一般道から到着したばかりなんですが、、、
ワイヤーカッターも立ててありますね。本気モードです。車体には部隊名がありません!
何も知らずに現場にいた海自隊員はびびったでしょうw

DSCN0042 (1)0004

ドアの陰に身を隠して警戒する臨戦態勢。
乗船タラップ周囲を囲んでいます。

DSCN0030 (1)0003

盾を持った完全装備の隊員に囲まれて『おおすみ』に乗船する人たち。
私服であることや人数が多いので一般人を想定?
どうやら要人警護(かけつけ警護?)の訓練みたいですね。
それにしても緊張感がありました。

DSCN0032 (2)0006




この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
積み込み(2)
- 2016/10/20(Thu) -
チヌーク分解専用の伸縮架台とクレーン?

DSCN9724 (1)0010

足場が曲面で危険ですね。

DSCN9734 (1)0011

手際よく回転翼が取り外されていきます。

DSCN9775 (1)0013

DSCN9777 (1)0014

機体のみになりました。

DSCN9829 (1)0001

仕上げは全体のカバー。

DSCN9850 (1)0002

ミノムシ状態w

DSCN9964 (1)0001

つづく、、、

この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
積み込み(1)
- 2016/10/19(Wed) -
一旦出港した『おおすみ』がヘリを載せてすぐに帰港しました。大村航空隊からでしょうか?


なにやら見慣れない車両も。

DSCN9599 (1)0008

すぐに艦載クレーンでコンテナの積み込みがはじまりました。貨物船みたいなのでコンテナの色もJSDF専用にしてほしい?

DSCN9630 (1)0009

チヌークが2機。熊本震災の時は調子が悪かったようですが、、、

DSCN9585 (1)0005

まだ回転翼はガッチリ固定されています。

DSCN9604 (1)0001

窓や隙間の目張り作業が始まりました。

DSCN9587 (1)0006


つづく、、、
この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
4001
- 2016/10/18(Tue) -
おおすみ(JS Osumi, LST-4001)
単独で係留されていたので正面から撮れました。 2016.10.15

DSCN9543 (1)0002

DSCN9540 (1)0001

朝日を浴びて。

DSCN9570 (1)0002

夕暮れ。

DSCN9567 (1)0001

これは左舷のダビット(後日)。

DSCN9824 (1)0003


この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
いきぐも
- 2016/10/16(Sun) -
かがゆき型巡視艇です。私ははじめて見ました。

総トン数 100トン
全長 32.0メートル
全幅 6.5メートル

主機関 MTU 16V4000 M70(5200馬力)×2基
推進器 ウォータージェット推進器×2軸
速力    36ノット以上
武装    GAU-19  遠隔操作12.7mmガトリング式機関銃。

DSCN4473 (1)0003

DSCN4471 (1)0002

20mm機関砲を見慣れているのでなんとも頼りない12.7mm砲。
おそらく換装されるでしょう。

DSCN4466 (1)0001

東京と書いてありますが所属 は7管壱岐海上保安署。
実際は40ノット近くでるみたいです。いろんな船が出没する地域ですから、、、

DSCN4461 (1)0001



この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>