レジェンド・オブ・ザ・シーズ(Legend of the Seas)
- 2016/05/31(Tue) -
美しい船が入港しました。ここまで豪華でなくてもいいから
災害時に臨時住居に転用できる船がほしいですね。
一部を手術室に転用できるようにすれば病院船。
テントの野外病院よりはましになるでしょう。
普段は船員養成に使ったりイベント時にはホテル代わりに
使用したりして。

総トン数 69,130トン
全長 264.0 m
幅 32.0 m
出力 73,830馬力
航海速力 24.0ノット
旅客定員 1,800名(最大2,076名)
乗組員 720名

ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(米国)保有 バハマ船籍
白人のお客さんが多かったのが印象的です。

DSCN3911 (1)0002

DSCN3958 (1)0001

DSCN3921 (1)0004




スポンサーサイト
この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
WESTPAC EXPRESS HSV-4676 
- 2016/05/30(Mon) -
満載排水量 2500t
全長 101.0m
幅 26.7m
喫水 4.3m
主機 ディーゼル4基/ウォータージェット4基
出力 39000馬力
最高速力 36ノット
巡航速力 20ノット
貨物搭載量 715t
兵員搭載数 970名
車両搭載数 
M988高機動車ハマー153台又はAAVP-7水陸両用車12台又はLAV20台

米軍がオーストラリアの民間会社からチャーターして海兵隊の輸送に
使用している高速輸送船です。(High Speed Vessel)
できれば灰色に塗ってほしかった。

原潜が泊まる一番遠い岸壁にいました。

DSCN4509 (1)0001

DSCN4510 (1)0002

日本にも似たようなオーストラリア製高速フェリーがあったのですが台湾に売られていきました。
民間からのリースは水産庁の漁業取締船で実績があるので自衛隊でも平時なら運用できますね。
有事でも「機動展開構想」でフェリーなどを徴用する計画らしいですね?(船員組合は怒ってるらしい)

440001.jpg


この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
はくつる  水産庁
- 2016/05/29(Sun) -
水産庁の漁業取締船ですが直轄船ではなく船主は民間のようです。
チャーター船ということになりますがそんな船で傍若無人な外国船に
対応できるのか心配です。それとも危なそうな船は海保に通報するの
でしょうか?

全長 51.24m
全幅 7.40m
総トン 198t

DSCN4476 (1)0004

DSCN4249 (1)0005

DSCN4236 (1)0004

DSCN4233 (1)0003

DSCN4226 (1)0001



この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
簡単
- 2016/05/28(Sat) -
すでに苔が生えている木片や小石を配置。苔に興味のない人が見たらただのゴミw
ハードオフで購入した格安の皿の底に水抜き穴をあけて利用しています。
ドリルはタイル用を使用し、釉薬の少ない皿を選ぶのが簡単にあけるこつです。

右側のふさふさしてるのはアラハシラガゴケ? カモシゴケ?

DSCN3884 (1)0004

毛足の短いのはホソバオキナゴケ? ススキゴケ?

DSCN3887 (1)0005

DSCN3890 (1)0006


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あやしいぞ!(2)
- 2016/05/27(Fri) -
再度おそるおそる『はしだて』を偵察に行くも何ら動きなし。。。

DSCN4903 (1)0001

がっかりしていると別の動きが、、、

DSCN4925 (1)0001

別の場所で『あまくさ』の艦上にテントを張ってなにやら準備をしている。岸壁側には
船上レセプションの張り紙がある。確かに『あまくさ』は多用途艦ではあるが
巨大なウインチの下でレセプションは???という感じ。しかし船上にはテーブルもあり
陸上には受付まで用意してあるようです。念のため広報を見ましたがなんの情報もありません。

動きのない『はしだて』、場違いな『あまくさ』から想像できるのは週末の
『はしだて』で行われるレセプションのリハーサルでは?

残念ながら週末は佐世保にいないので確認しようがありません。(T﹏T)


この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
あやしいぞ!(1)
- 2016/05/26(Thu) -
突然あらわれた海の迎賓館『はしだて』

DSCN4838 (1)0004

朝一番に狭い岸壁の一番奥に自力で接岸。タグボートが待機していないのはおかしい。
隠密行動?
(追記 スラスターがあるので自力離着岸ができるそうです)

DSCN4848 (1)0005

着岸後すぐにものすごいスピードでやってきた正体不明艇!普通の装備ではないようですね?
(追記  「立入検査隊」らしいです)

DSCN4864 (1)0003a

『はしだて』入港に合わせて来たとしかおもえないタイミング。

DSCN4873 (1)0002

関係ない『ちょうかい』の搭載艇まで登場。よくみるとこちらにも怪しい装備の隊員が。
(追記 『はしだて』を対象船に見立てて訓練?)

DSCN4883 (1)0001

要人が来るのかな?サミットと関係あるのかな?真相は不明。
やばそうな雰囲気なので早めに退却しましたw

(追記 取り越し苦労w)

この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
婆羅門      佐世保湾内観光船
- 2016/05/26(Thu) -
この外観ですが決して海の暴走族ではありませんw
湾外の九十九島自然めぐりとは対照的に佐世保湾内めぐりの
船で自衛隊や米軍の艦船を見てまわるのが主な目的です。
知らずに乗った人はがっかりでしょう。
婆羅門とは五島列島の福江島に古くから伝わるばらもん凧から
きてるのでしょう。鬼が兜をくわえた絵柄で敵に後姿を見せない
勇者の姿を表現しているそうです。

DSCN2626 (1)0001

baramonntop.jpg

最近お客さんが増えたらしく看板が設置されました。

DSCN38090003.jpg

この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ほうおう    1/1      海上保安庁
- 2016/05/25(Wed) -
長崎海上保安部所属の高速特殊警備船(220t)です。
任務中に立ち寄ったのでしょうか?ちょうど出港するところでした。
ウォータージェットは出力を上げないと舵が切れないので離岸も
結構な迫力です。

DSC01592 (1)a

DSC01590 (1)a

DSC01606 (1)a

DSC01605 (1)a

DSC01604 (1)a
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
しらたか(JS Shirataka, PG-829)  海上自衛隊
- 2016/05/24(Tue) -
番外編 2

佐世保警備隊第3ミサイル艇隊のミサイル艇です。
これも古い写真ですが港の夏祭り会場で一般公開されていました。
なんとも平和な雰囲気です。

CIMG0801.jpg

CIMG0803a.jpg

CIMG0792.jpg

CIMG0789.jpg

CIMG0787.jpg

発売当時の世情を表しているプラモのパッケージ。
ミサイルで不審船を撃っていますw

4905083048191.jpg
この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
サバイバル
- 2016/05/23(Mon) -
あえて複数の種類を同一条件で育てています。遮光50%、朝夕水やり。

DSCN4143 (1)0002

元気がなくなるのもあれば勢いが増すのもありますね。

DSCN4146 (1)0003

岩からは自然発芽。

DSCN4147 (1)0004

植えた覚えがない苔もあちこちに見えます。

DSCN4150 (1)0005

しょっちゅう水をやってるとナメクジが集まってくるのが悩ましいいw



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>