ウォルター・S・ディール (T-AO-193) アメリカ海軍
- 2016/01/30(Sat) -
ヘンリー・J・カイザー級給油艦です。私は初めて見ました。

基準排水量
9,500t
満載排水量
40,700 t

某国の水爆(?)実験以来、米軍の動きが活発です。動かざるごと山の如し、
だったボノム・リシャール (強襲揚陸艦)は出港し原潜も二日連続寄港してます。
晴天でしたので手持ちの2000mmでもなんとか見れます。

DSCN0970a.jpg

DSCN0882a.jpg

DSCN0884a.jpg

DSCN0885a.jpg

DSCN0883a.jpg




スポンサーサイト
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ピザ釜   
- 2016/01/30(Sat) -
倉庫を整理していたら10年以上前に購入して使う機会のなかった簡易
ピザ釜がでてきた。カセットコンロの上に置いて使用できる本格的ピザ釜
という宣伝が箱に書いてあるw
カセットコンロで加熱するくらいならガスオーブンと変わらないので魅力は
ないが先日試作した簡易ロケットストーブなら強力な火力と薪の香りで多少は
違いが期待ができる。

DSC_2460 (1)a

一枚目 釜の温度が十分に上がっていなかったので加熱時間がながくなり燻製状態となった。食べれるが失敗。

DSC_2466 (1)a

二枚目 ストーブも完全燃焼で煙も少なくなり釜の温度も十分。ここまで火をつけて30分はかかった。ピザを
入れて三分ほどでいい感じの焼き上がりとなる。やはりオーブンとは一味違う(気がする?)。
この状態からは次々とピザが焼けるのでパーティーなどで大量のピザを焼くなら30分待つかいはあるが
夫婦二人でピザ一枚焼くのには手間がかかりすぎるw

DSC_2468 (1)a
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水族館 (3)   D7200
- 2016/01/27(Wed) -
上二枚は福岡のマリンワールドという老舗の大型水族館です。50mくらいの距離から
35mmで撮影してトリミングしています。望遠レンズ代わりに持っていたP900は連写後に
数秒間撮影できないので連続してジャンプするこのような特殊な状況には向いてないようです。

720_1004 (1)a

720_0908 (1)a

ここからは地元の小さな水族館です。日本一小さいイルカ水槽かも?
練習風景を10mの距離から撮影。なんとも家族的な雰囲気ですw。

720_0399 (1)a

720_0391 (1)a

720_0346 (1)a

720_0344 (1)a
この記事のURL | カメラ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2016/01/24(Sun) -
朝起きると昨夜から降り続いた雪が20cmほど積もっている。たった
これだけで九州のインフラは麻痺状態。台風には慣れているが
雪にはお手上げ。雪の中を運転するなんて自殺行為なのです。
自分の運転技術に自信があっても他の慣れない車が凶器と化すので
運転はできません。すでに過去最高の積雪ですが明日朝までにさらに
降り積もる予想なので身動きとれません。 とほほ。

追記 

水道管の凍結、破裂が多発。雪のせいで給水制限になるとは、、、

DSC01585a.jpg


この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
くろしま JDS Kuroshima, MSC-692 1/1    海上自衛隊
- 2016/01/23(Sat) -
すがしま型掃海艇 510t です。見慣れない船なので調べたら 
沖縄基地隊第46掃海隊所属でした。小さな船体ではるばるご苦労様です。
翌日には地元の掃海艇3隻とともにどこかに出発してました。

DSCN0551 (1)a

DSCN0552 (1)a

船体に木造船の特徴がでてますね。

DSCN0553 (1)a

DSCN0546 (1)a

DSCN0549 (1)a


この記事のURL | 海上自衛隊 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
水族館 (2)   D7200
- 2016/01/20(Wed) -
ニコン D7200にタムロン 35mm F/1.8 Di VC USD をつけて低照度の小水槽で練習してみました。
少し離れるとアクリル面に人影や誘導灯が写りこむので水槽全景のいい写真がなかなか撮れません。
なるだけ近づいて魚の背景に人工物が写らないようにしていますのでアップばかりになって
しまいました。開放ではピントの幅が狭く、狙いの部位のピンボケ多発。少し絞ると手振れしたり
アクリル面の傷まで写るので加減が難しいですね。修正すればアクリルの傷はある程度消せますが
今回は消していません。低照度に強いD7200をしても私のピント打率は二割程度でしたw。

720_0787 (1)a

720_0779 (1)a

720_0645 (1)a

720_0487 (1)a

720_0292 (1)a
この記事のURL | カメラ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水族館 (1)    P900
- 2016/01/17(Sun) -
地元のこじんまりした水族館で撮影の練習。とにかく被写体が暗いので悩ましいが
P900は明るいレンズに変えるわけにはいきません。回遊魚水槽での望遠側撮影は全滅。
明るい広角側で水槽から距離を置いて撮影したらやっと魚の動きが止まりました。
近撮は別のカメラで。

この水槽は自然光が入るので水深によって自然の色合いがでます。

DSCN0664 (1)a

ホワイトバランスをあえて蛍光灯にして水中感を強調。

DSCN0689 (1)a

ISOを上げているので微妙な画質です。画像に小細工はしていないのですが
なんだかラッセンの絵のようですね?w

DSCN0681 (1)a

水面近くの渦巻きはすべてイワシです。

DSCN0672 (1)a

最新の一眼レフと比較すると万能のP900も高感度撮影には弱いようです。

DSCN0711 (1)a


この記事のURL | カメラ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
D200    1/1    Nikon
- 2016/01/14(Thu) -
新しい小型カメラ(D5500)では手持ちの古いDC駆動のレンズは使用できないことが判明し
落ち込んでいると、そのD5500は娘に取り上げられてしまった。(ということにしている)
しかたなく(?)かわりのカメラを物色しているが最新のカメラは同じように古いレンズは使えない
可能性が高いので古いレンズ用に10年前に購入したD200に再登場願った。まともなレンズを付けると
重すぎて気軽に持ち歩けないのでタンスの肥やしになっていた。久しぶりに撮影してみると
バッテリーは弱っているし感度(ISO)は最新のパパママカメラにもかなわない。しかしボディーの
質感やシャッターの感触(音)はまだまだ捨てたものではない。そこでバッテリーの
購入ついでにレトロ調レンズフード、皮製グリップストラップとワンタッチでネックストラップを
取り外しできるアンカーリンクスAL-2を購入して化粧直しをした。

DSCN0531 (1)a

DSCN0539 (1)a

手持ちレンズで最軽量のF1.4 50mm1本持って動物園へ。暗い室内でなけければまだまだいけますね。

DSC_2352 (1)a

DSC_2389 (1)a

DSC_2356 (1)a

DSC_2447 (1)a


この記事のURL | カメラ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
カメラ女子
- 2016/01/08(Fri) -
カメラ女子なる言葉があるのは知っていたが身近に出没するとは思わなかった。
大学生の末娘が私も一眼レフがほしい、と言って見せてくれた友人が撮った写真は
たしかに綺麗にボケていて携帯のカメラでは撮れそうにない。
とりあえずファッションで一眼レフをぶら下げて友達とうろうろする程度だろうが無視する
わけにもいかない。お年玉代わりにダブルズームセットの安い型落ちを買ってやろうかと
思ったがそういえば手元に買ったばかりのD5500があるではないか。
散歩用に最軽量の一眼レフを探して購入したのだが軽さと小ささが娘の手にピッタリw
娘はカメラのカの字もしらないので最新のD5500はもったいないが私が次のカメラを
買うための人柱になってもらうことにした。 ┐(´-`)┌
手持ちのレンズの事を考えるとフルサイズにするのは無理があるのでD7200あたりが
候補にあがる。ひひひ。

娘とP900 i-phone6 にて (実用ではi-phone6で十分なのだが、、、)

S__2628534a.jpg






この記事のURL | カメラ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
あまみ     1/1     海上保安庁
- 2016/01/05(Tue) -
1992年進水の350t型PMです。九州南西海域工作船事件で一躍有名になりました。

DSC_2185 (1)a

船首の旗竿には日章旗の代わりに正月のかざり。艦橋にはしめ縄。

DSC_2155 (1)a


防弾設備が無く負傷者をだした艦橋。現在は防弾仕様に取り替えられています。

DSC_2167 (1)a

船尾の高速艇用ドック。銃撃されて全速後進した際に波をかぶり高速艇は破損。

DSC_2178 (1)a

後部のドア。荒れた海では危険ですね。

DSC_2180 (1)a
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>