タイガーⅠ 1/35 タミヤ
- 2015/08/28(Fri) -
被弾、炎上三ヵ月の雰囲気で再塗装

1989発売の連結履帯付属のタイガーⅠです。部品が欠損した状態で
捨てられそうになっていたのを再生しました。工場から出た状態で
放置されたという設定ですが錆の表現が非常に難しい。雑誌などで
見てまねしたくなったのですがとてもとても、、、
捨てるよりましか、という程度です。

DSC00191_R.jpg

抽象画路線?  ほんとは写実を卒業してからなのですがw

DSC01345 (1)a

DSC01348a.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パンターG スチールホイール 1/35 タミヤ
- 2015/08/23(Sun) -
敗戦が近い雰囲気に再塗装。

比較的新しいタミヤのキットですので組み立てに関して何の問題もありません。
大柄の木漏れ日迷彩を試してみましたがどうしても重量感がでませんので
社外品の履帯を取り付けてみました。下半身とのアンバランスがポイントですw

DSC00198 (2)_R

やりすぎ?

DSC01317c.jpg

c.jpg

DSC01329c.jpg


この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
感激
- 2015/08/14(Fri) -
アクア熱が冷め気味で二年ほど放置している水槽があるのだが、なんと繁殖が極めて
難しいといわれているカージナルテトラが自然繁殖していました。ちなみに水換えは30%/月程度で
ミナミヌマエビが世代交代を繰り返しています。親は三年ほど生きているペア一組のみで体調は4cmほどあります。
水草は手入れしないので自然淘汰され、生き残ったアヌビアス・ナナ、ミクロソリウム、ウイローモスが繁殖して
自然にレイアウトされています。
ソイルは使用せずベアタンクに流木、スポンジフィルターのみです。ビーシュリンプは自然消滅したので決して
好環境とはいえないかもしれません。底面のほとんどをウイローモスが覆っていますので稚魚が生き残れた
のだろうとおもいます。おそらくインフゾリア系が自然発生して餌になっていたのでしょう。ほとんど手を入れないことで
環境が安定していたのが自然繁殖成功の一因だと思います。

S__40173643.jpg

90×35×35 LED2灯 8時間 カウンターの上なのでバックスクリーンなし。

S__40173650.jpg

この記事のURL | アクア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |