メルカバ Mk.4 LIC 1/35 アカデミー
- 2014/08/19(Tue) -
メルカバⅣに市街地用装甲を追加したタイプです。アカデミーに
ついてはこれまであまりいい評価を見ませんでしたがこのモデル
に関しては完全にふっきれたようです。なんの偏見ももたずに
キットを評価すると部品割、プロポーション、滑り止め等のディテール
などかなりの高得点です。適度なエッチングパーツも使いたい人は
つかえばいい、というスタンスでCPまで考慮すると最近私が作った
キットのベスト5に入ると思います。イスラエル製戦車は初めて
ですので特徴のひとつであるシナイグレーから自作しました。市販の
やつでもいいのですが墨入れやウォシング、ウェザリングで元の色調が
かなり変化するので実際より明るめに調合しました。
ジャーマングレー:ダークイエロー:フラットグリーン=3:6:1の割合です。
現代の戦車で使用感があり、実績を伴った迫力をめざしました。

DSC00431_R.jpg

とにかく砲塔がでかくドイツのⅡ号戦車くらいありますw
特徴的な砲塔後部のチェーン装甲はエッチングパーツで用意されて
いますが手間と仕上がりを計りにかけて今回は未装着です。いいサイズの
チェーンが見つかった時に追加予定です。

DSC00435_R.jpg

車体後部の造りが特徴的でエンジンがない分、広くとられたスペースに
負傷者も収容できる大型のハッチと和船の出艫のような収納、さらに
それを延長したキャンバス製の物入れがあります。

DSC00438_R.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
空挺戦車 シェリダン 1/35 タミヤ
- 2014/08/10(Sun) -
空挺戦車という珍しい範疇のアルミ合金製戦車です。しかし
空挺後は約半分の車両が破損して使用できなかったため当然後継車両は
作られなかったようです。キットはかなり古いですがプロポーションは
問題ありません。細部はワイヤーロープが車体にモールドされているなど
問題多々ありですがベトナム仕様から湾岸仕様にするついでに改良します。
まず車長用のハッチをLVTP7初期型の50Cal付キューポラに換装し、
車体側面の追加装甲、砲塔後部のラック作成をすることでで湾岸仕様の
雰囲気になります。この砲塔が曲者でカネゴンの頭のような形だけでなく
左右非対称のひねくれた造形なのです。ラックは曲線と左右非対称の支柱の
組み合わせになり苦労しました。ワイヤー、工具類は流用してます。

DSC00366_R.jpg
この記事のURL | 米 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
M110A2 203mm 自走榴弾砲 1/35 イタレリ
- 2014/08/02(Sat) -
迫力満点の203mm砲に湾岸戦争仕様のサイドスカートを
追加してみました。キットは程よい部品数でスッキリした
プロポーションをよく表現していると思います。唯一の
弱点は焼き止め式の分厚いポリ履帯です。なぜかプライマー
効きが悪く苦労しました。

DSC00359_R.jpg
この記事のURL | 米 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |