LAV-25 ピラーニャ 1/35 トランペッター
- 2014/07/29(Tue) -
現用兵員輸送車ストライカーの小型版です。水陸両用で
小回りが効くので地域によってはストライカーより
有用かもしれません。キットは細部まで良くできており
2000円以下で購入できればCPも高得点です。値段に
こだわるのはネット通販になって店単位の比較だけでなく
時間単位比較が容易になったからです。特にアマゾンの直販は
1日で500~1000円も変動することがあるので私のように
暇を持て余している人間には頻回の価格チェックが必須です。

DSC00301_R.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 米 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地植え
- 2014/07/26(Sat) -
同じ時期に同じ苗を植えて日当たりなどの条件もほぼ同じなのですが、、、
はじめて畑にした場所では異常なくらいよく育つことがあります。微量元素の
影響でしょうか?

ミニトマトの鉢植えで180cmくらいあります。十分育っていますが地植えとくらべるとw
015019a.jpg

同じミニトマト二株ですが230cmくらいになり手が付けられない状態です。原産地は
乾燥した高地らしいので六月にしては快晴が二週間ほど続いたのも影響してるかもしれません。
肥料は規定の5倍程度に薄めた液肥を水替わりに与えていますが、きちんと実も生っているので
窒素過多でもないようです。
015126a.jpg

毎日収穫でとても消費できません。樹上でよく熟れるまで置いておくのがベストなのですが
当地のカラスは完熟したのを見計らってさらっていきます。少し早めに収穫して熟れるのを待ってから
使用します。熟れすぎたり余った分は冷凍して具材に使います。
8913.jpg


この記事のURL | その他 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Swift Sport ZC32S Part 2  1/1  SUZUKI
- 2014/07/24(Thu) -
子供にとってはじめての車なので多少の物損は覚悟の上です。
ブロックの角にひっかけてできたと思われる右サイドスカートの損傷ですが
残念ながら塗装面を通り越してウレタン部分までガッツリ削れています。
擦過傷を通り越して挫傷のレベルですね。まだまだ擦りそうなので今回は応急修理を
してみました。パテで埋めてサンドペーパーで均して塗装するプラモの延長
程度に考えていましたがそう簡単にはいきませんでした。まずボディーの色とバンパー
などウレタン部分の色が最初から明らかに異なるので指定のボディー色で塗装しても
色が合いません。損傷部位が平面ならばそれほでもなかったかもしれませんが三次元で
しかも角の部分だったため素人には荷が重かったようです。さらに時間がなく塗装を
焦ったためまさかの塗量垂れをしてしまいました。モデラーのはしくれとしてお恥ずかしい
かぎりです。後日再塗装しましたがトータル丸一日労力と材料費が5000円ほどかかったので
安あがりかどうかはなんともいえません。ただ後数回分の材料はあるのといい経験になったので
よしとしましょう。(ぶつけないのが一番ですけど、、、)
塗装面が平面で時間さえあれば十分DIYの範囲でしょう。

スカート下面と右後部アルミにも及んでいます。
202809.jpg

ほとんどクラックに近い状態。
202926.jpg

パテ塗りまくり(最初からボディーとスカートの色が違い過ぎ!)
223603.jpg

プライマー、下塗り、上塗り(マイカ)、トップコートの順。
222654.jpg

時間に追われてまさかの塗量垂れ (T﹏T)
プラモとの違いは強度を要求される点でしょう。とくに角の塗装強度に
気をとられて結果的に平面部の塗料が過剰になったようです。
001234.jpg

再塗装しました。半日つぶれたので安上がりかどうか?
S__294922.jpg

スカートとボディーは新車時から色が微妙に違います。
S__2949.jpg
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
マウス 1/35 ドラゴン
- 2014/07/20(Sun) -
ごらんのとおりのっぺらぼうで完成品はティシュケースにも
使えそうです。しかし作成労力の9割をつぎ込んだ足回りと
組み立て式履帯は1割も見えていません。いつもでしたら
フェンダーが剥がれたことにして履帯を露出するのですが
マウスはフェンダーが装甲と一体化しており剥がすとみじめな
姿になるのです。巨大な車体を一体成型しているので歪もあり
キットとしての評価はあまり高くないです。このキットで初めて
エアブラシなるものを使用しましたが散々な目にあいました。
勉強せずに濃いめのアクリルを使用したものですからノズルを
詰まらせて2時間ほど分解、組み立てをくりかえしやっと塗装
できました。エアブラシ塗装の出来は30点ほどですので写真では
わかりにくいですがチッピングに時間をかけています。

DSC00297_R.jpg


この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユニバーサルキャリヤーMk.II&ブレダ 20mm 機関砲 1/35 タミヤ
- 2014/07/16(Wed) -
小粒でピリリの好キットで、フィギュアや内装を塗装しながら
組みたてるのに結構時間がかりました。ついでにブレダ20mmを
のせて武装強化しています。通称のブレンガンキャリアーは
しっくりこないのでユニバーサルキャリアーにしました。

DSC00290_R.jpg
この記事のURL | その他 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
A39 トータス 1/35 MENG Model
- 2014/07/10(Thu) -
大戦末期にトーチカ攻略目的で投入された英国最大の戦車です。
あかぬけないユニークな外観ですがすばらしいキットです。定価は
5000円オーバーですが内容が伴っているので安く手に入る機会があればあ
おみのがしなく。発炎筒への配管など三次元の繊細きわまりないパーツで
ピッタリついた時は感動ものでした。時間と根気があればお勧めです。

DSC00199_R.jpg
この記事のURL | その他 1/35 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
M113ACAV(改) 1/35 タミヤ
- 2014/07/08(Tue) -
元のキットは古いですがベトナム仕様にしてリニューアル、内装まで追加表現してあります。
これも箱に部品を付けるだけの簡単キットですので一仕事してみました。
イラク戦争でバクダットに最初に侵攻した米軍の写真をみると50Cal.に
同じタイプの盾を装備していましたので装甲を追加してそれらしく仕上げてみました。

DSC00118_R.jpg
この記事のURL | 米 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ZSU-23-4 シルカ 1/35 ドラゴン
- 2014/07/05(Sat) -
いかにも旧ソ連製らしい無骨なやつ、というのが第一印象ですが何かに
似ているような気がしていました。そしてふと気がついたのが≪プレデター≫!
悪役ぶりも強さもぴったりです。実際初期の中東戦争では近距離でかなりの実績を
あげているし、西側から要注意兵器と名指しされていたツングースカはこれに遠距離用の
ミサイルを追加したタイプです。
キットはかなり古く丁寧なゲート処理が必要ですが普通に組みあがります。履帯も
組み立て式にしては簡単な部類で両側からピンをはめていくタイプのように苦行を
強いられることはありませんが、起動輪との噛み合わせが悪いので注意が必要です。
You-tubeやスカパーなどで見る射撃時の雄姿は迫力満点で低空飛行時のパイロットには
恐怖の存在だったでしょう。


DSC00124_R.jpg
この記事のURL | その他 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |