Sd.Kfz.223無線指揮車 フンクワーゲン 1/35 タミヤ
- 2013/08/31(Sat) -
キットは2時間もあれば出来上がりそうな内容ですが
色々と小物を付けていくとそれなりの見栄えになります。
付属の残念なフィギュア(アフリカ軍団)からすると
かなり古い金型なのでしょうが、その他は十分鑑賞にたえますし、
吸い付くように組みあがります。車体の構成(底面の楔状化)は
最近の装甲車両に対地雷(IED)用として積極的に取り入れられて
おり70年前の車両設計とは思えません。    2013.2

DSC00511_R.jpg

赤外線暗視装置を搭載してみました。

DSC00500_R.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
L.R.D.G. デザートシボレー 1/35 タミヤ
- 2013/08/29(Thu) -
ラットパトロールを知っている世代なのでSASジープと共に
思い入れがあります。アフリカのチェニジア戦線あたりでの
戦争ドラマですがジープに乗った主人公たちが機関銃と手榴弾だけで
ドイツアフリカ軍団の戦車や装甲車をボコボコにする勧善懲悪的内容です。
当時は子供ながらに『主人公強すぎ!』なんて思っていましたが
史実ではドイツ空軍を地上で攻撃するのが目的だったので武装も含め
まんざら作り話でもないようです。

DSC00277_R.jpg

実際かなりの航空機を地上で破壊したらしいです。

DSC00355_R.jpg
この記事のURL | その他 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ツェンダップ KS750 1/35 タミヤ
- 2013/08/27(Tue) -
88mmFLAK36のおまけに付いてきたバイクですが、さすがに
年代物で繊細さはありません。ただ脇役の小物としては十分の
レベルだと思います。
後ろに写っているのは1/24タイガー用全金属履帯を9000円で購入したら
おまけで付いてきた1/24タイガーⅠ型(ラジコン)です。
恐るべし中華商法。。。
なにせ○ルイのフルコピーなので本体は日本で売れなくなったらしい
のです。やはり日本人としてはこの手のコピー製品を購入しない
ようにして日本企業を守りたいものです。(´∀`*)

DSC00480_R.jpg
この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
U.S.S. キアサージ  1/700 ドイツレベル
- 2013/08/22(Thu) -
ワスプ級3番艦で海兵隊を運ぶ強襲揚陸艦という範疇の船です。
キットはそこそこの出来で他にライバルキットがない現在、細部に
手を入れる技術のある人には重宝すると思います。今話題の
オスプレイや次期戦闘機F35Bも次第に導入されるでしょう。
400mmの望遠をもって出かければ細部はすぐに見えるのですが
キットに反映する腕がありません。

DSC00415_R.jpg

自宅付近から見える同型6番艦ボノム・リシャール

DSC_1134_R1.jpg


少し山に登れば、

1.jpg
この記事のURL | プラモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クォードガントラクター 1/35 タミヤ
- 2013/08/21(Wed) -
今時25ポンド砲と弾薬トレーラーまでセットになって1000円+αの
車両は見当たりません。それなりの古さですが個性的な姿を良く
捉えていると思います。現在使用しているブラウン系でなくグレー系で
チッピングをしているので錆なのか塗料剥げなのか中途半端な仕上がり
になっています。

DSC00449_R.jpg

この記事のURL | その他 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
揚陸指揮艦 マウントホイットニー 1997 1/700 ピットロード
- 2013/08/15(Thu) -
実は船も大好きでAFVに手を出すまではウォーターラインシリーズを
ぼちぼち作ってました。ほんの暇つぶし程度だったのでほとんどが直組みの
墨入れもしていない状態なのです。いい方向に考えればこれから手を
入れる余地がまだまだあるともいえますw
好みは一般受けしそうな戦艦や巡洋艦よりもマイナーな船や空母系ですね。

DSC00422_R.jpg


この記事のURL | プラモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
AAVP7A1 1/35 タミヤ
- 2013/08/15(Thu) -
個人的には愛嬌があるデザインで好感が持てる水陸両用強襲車という
範疇の車両です。水中では排水型なので速度は遅く、航続距離も
短いため滑走型の新型(EFV遠征戦闘車)へ交代予定だったのですが
予算の都合でなかなか実現しそうになくもうしばらく現役続行らしいです。
キットは追加装甲のない初~中期型で、きわめて簡素な部品構成からは
1000~1500円の定価が妥当だと思われます。
しか~~し、久々の再販なので購入しようと思ったら水中モーターの
抱き合わせ販売で定価3300円!
やはり私の趣味は小学生レベルかと悲しくなりましたw

DSC00266_R.jpg
この記事のURL | 米 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
IV号 駆逐戦車 ラング 1/35 タミヤ
- 2013/08/14(Wed) -
低く構えたプロポーションと鋭角な装甲はなかなかの
ものだと思いますが実戦ではどうだったのでしょう?
キットは見事なまでに簡素化されていて最近の同種製品の
半分以下の部品数でしょう。ただフィギュアはまともだし
分厚いシュルツェンを分割して薄く削りこめばなんとか
鑑賞にたえる状態まではいけると思いいます。

DSC00261_R.jpg
この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フォードG.P.Aジープ
- 2013/08/13(Tue) -
ジープベースの水陸両用車両です。デザイン的にはDUKW Truckと
そっくりですが大きさは1/5程度に感じます。キットは組み合わせ
も良くすんなりと組みあがります。一応ブローニングM1919機関銃を
搭載して素組みではないと、自己満足していますw

DSC00406_R.jpg

この記事のURL | 米 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カルマンギア 1/24 Mr.ホビー (番外編)
- 2013/08/10(Sat) -
マイカーをスロットカーにして走らせてみたいという天の声が聞こえて
きたので本来の趣味である武装は我慢して民間仕様にチャレンジしてみたw
外観を重視するので外回りはプラモを使用するが問題点は強度が
足りない点とオープンカーなので内装のごまかしがきかない事である。
金属シャーシを組み込むのでキットの内装は使えなし、ボディーは薄い
プラなので転倒がかなり心配である。透明のポリカ製ボディーを使用し、内側から
塗装すると強度と塗装の傷を防止できて合理的らしいが、あるもので
なんとかするしかない。
ボディーはシャーシとねじで取り外し可能にする必要があるのでボディー側に取り付ける
金具とスクラッチしたフロアパネルをエポキシ樹脂でボディーに固定し補強も兼ねる。
塗装は仕上げよりも強度重視で塗料3回塗りにコート2回塗りでテカテカに
なってしまった。普段は粗が見えても錆や汚れでごまかすのだが新車で納車するのは
初めてだったのでなにかと時間がかかってしまいました。

DSC00397_R.jpg

シャーシは本格的な金属製です。

DSC00393_R.jpg
この記事のURL | プラモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>