ニコンD200
- 2011/10/31(Mon) -
旧式なのでメディアはCFオンリー。8GのCFを探すもSDの方が
はるかに安くて選択の余地もあるようだ。そこでSD⇒CFアダプター
を購入し手持ちのコンデジのSDも使えるようネットを探していると
8G・Wi-Fi・SDHCなるものをみつけてニヤリ。
PCモニターでリアルタイムのピント確認が可能になる予定。

お遊び

CIMG0846.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | アクア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
難しい
- 2011/10/29(Sat) -
ルブラ ハイグロ(ルドウィジア ベルネンシス)

レッドルブラ、ルブラ・ルドウゥジアでも売られている。
植え込んでかれこれ一ヶ月を経過したがなんとも成長が遅い。水上葉は完全な
緑色だったのですこし水中葉を展開しているようだが葉の形状は変化なく、
ネットで見る水中葉とはかなり異なっている。形状だけみるとアルテルナンテラ・オキプス
の間違いではないかと疑ってしまうがショップを信じるしかない。光量は問題ないと思う
のでやはり我が家特有の貧栄養が影響しているのだろう。ヘテランテラも消滅しかけているし
パールグラスの成長も鈍化している。コケ覚悟でプランツグリーンとメネデ-ルを
少量投入して様子をみてみよう。
 最近稚エビがまったく見当たらないと思っていたらコケシに手足を生やしたような
抜け殻を発見。形状からはカゲロウの幼生のようで大きさは7~8mmほどあり
稚エビをゴチになっていた可能性はある。まだ生きているのかどうかは定かでないが、
もし発見しても繁茂する水草の中から捕獲するのは不可能に近いので様子を見る事とする。
スネールやミミズ系、ライブロックのカニは経験したが肉食昆虫(と思われる)は
始めてだ。朝、トンボが飛んでいない事を祈る。。。

DSC_1405_convert_61k.jpg
この記事のURL | アクア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
楽しみ2
- 2011/10/28(Fri) -
パンタナルレッドピンネイト

前回より約2週間で大きく成長し水中葉も綺麗に展開してきた。しかし
水面まであと3cmと光量的には最高だがトリミングせざるをえない。
ショップの説明によると切り戻しなどで条件が急変するとそのままお亡くなりに
なることがあるという。1、思い切って切り戻す 2、引き抜いて根の部分を
切除する 3、このままのばして水上葉化させて切り戻す 4、寝かせて脇芽を
ださせる
 
悩ましい、悩ましい。。。

DSC_1361_convert_53k.jpg
この記事のURL | アクア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
溶けます、溶けます
- 2011/10/27(Thu) -
クリプトコリネ ウェンティー 

不調第二弾 クリプトコリネは導入直後に溶けてしまう傾向があるので
覚悟はしていましたがかなり深刻です。このウェンティーはなんとか地上部分が
残っていますが(それでも大きさは半分)ルーケンス、ウィリシーはほぼ消滅して
しまいました。数週間後にひょっこり芽を出す可能性もあるらしいのでそのまま
にしてますがなにせショットグラスに植え込んでいますのでなんともいえません。
山崎美津夫翁が紹介していたクリプトを繁茂させることを目的とした水槽は
なんとろ過なしの止水、数年間放置してある底砂にはあえて少量の珊瑚砂を
まぜてあり水質の急変を避ける、というものでした。せっかちの私を諭すように
ソイルのみにみえるショットグラスが二つ鎮座しています。

DSC_1372_convert_62k.jpg
この記事のURL | アクア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
緊急手術
- 2011/10/26(Wed) -
ポゴステモンsp.ロングリーフ スリランカ

ここまですべて順調のような書き方をしてきましたがそんなに甘くは
ないのです。一本だけけっこうな値段で購入したポゴステモンが固まった
まま変化が見られない。最高の場所で2週間我慢したが頂芽は萎縮していくし
綺麗な黄緑色だった葉もボロボロになってきたので手術を決断。と、いえば
おおげさですが頂芽を切除するだけです。寿命がきた植物に突然花が咲いたり
急にランナーが伸びたりするのは種の保存遺伝子が発動されるのでしょう。
このままでは確実に消えてしまうと判断したので思い切って芽を切断して刺激して
みました。   するとどうでしょう。。。
綺麗な新芽がニョキニョキ  \(^_^)/
さほど余力はないと思われるのである程度大きくなったら切り取って育てる
予定です。

DSC_1401_convert_60k.jpg
この記事のURL | アクア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕日
- 2011/10/26(Wed) -
ウォーターバコバ

着実に成長し整った姿が魅力だが、繊細さや色合いに特筆すべきものはない。
ダッチアクアで段々畑をつくるのにはピッタリかもしれないが日本人の感性
にはなかなか受けいれられないだろう。そんなバコバ君も時間差ライティングで
夕方になると夕日に染まってなかなかである。お勧めは(90cm用で)ゼンスイ
白3灯、赤1灯をタイマーで12時間時間差攻撃です。値段的にも8000円×4程度
なので蛍光灯マルチと変りません。ただ発光部の発熱は少なめですが電源部は
かなりの熱をもち、エコをうたっているわりには矛盾を感じます。テトラの90cm用は
スタイリッシュで高級感もありますが(事実高価)大型で単位面積あたりの光量は不足気味です。
90cm規格水槽(奥行き45cm)ならゼンスイ6灯で6段階光量調節の荒業も可能 w( ̄▽ ̄;)w

DSC_1394_convert_50k.jpg


この記事のURL | アクア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三拍子
- 2011/10/25(Tue) -
ロタラ ロトンディフォリア コロラタ

安い、強い、綺麗と三拍子そろったいいやつです。赤系統は難易度が高い傾向に
ありますが、これは通常のロトンディフォリアよりも赤が出やすく初心者にも
お勧めできます。高光量下では成長が速くすぐに水面に達するという有茎草特有の
悩みもありますが、この水槽ではトリミングが栄養分の調整の重要な役割をはたして
いますので欠点とはいえないかもしれません。液肥をまったく使用しないで
ここまで維持できてるのは差し戻しや新しい水草を植えるときに新品のソイルを
使用しているのが大きな要素かもしれません。(ショットグラス程度ですが、)
新品のソイルから水中にかなりの成分が溶けだしているのは油膜の状態をみても
明らかです。

DSC_1367_convert_58k.jpg
この記事のURL | アクア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これは、、、
- 2011/10/24(Mon) -
レッドファイアーシュリンプ


水草に食害を及ぼさないミナミヌマエビを導入予定でしたがネットで
見た事ない派手なエビを発見。抱卵形態から淡水繁殖可能らしいがオスが
ほとんどいないと説明してある。販売元が意図的に入れてないのだろうが
なんとも手のかかる事をするものです。繁殖を目指して(交雑覚悟で)
チェリーレッドシュリンプ君にも同居してもらいました。ついでに家族受けを
ねらってビーシュリンプ(赤白バンド)も5匹ほどいれましたが、繁茂している
南米モス以外にエサをやるつもりはありませんのでどうなるのでしょう?
2ヵ月経過した時点でオトシン1匹とエビ15匹を養うコケ(モス含む)はあるようです。
誰の子かわからない稚エビは複数確認しましたが成長しないところをみるとあきらかに
食料不足と思われます。

DSC_1335_convert_52k.jpg

この記事のURL | アクア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
健康
- 2011/10/24(Mon) -
リスの尻尾(ロターラ・ワリッキー)

私がよく利用するCharmさんの通販で水上葉の商品に『水上で蓄えられた活力、新しい水環境に慣れやすい』
という説明が添えられているがまさしく言い得て妙だと感じる。私達が楽しんでいる水草はほとんど水上葉が
本来の健康な姿であり水中葉は一時しのぎ状態ともいえる。このリスの尻尾は導入直後1日に1cmほども成長
しため薄暗い隅の方に移動したところ突然新芽が溶けだしました。あわてて元の一等地に移しましたが3日ほど
溶け続けてやっと復活しました。その後に出た新芽の太さはは以前の半分以下でピンクの霞状態です。
まさに病的美しさ。ちなみにうちの嫁は極太水上葉です。(^^♪

DSC_1389_convert_44k.jpg

この記事のURL | アクア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
第二の人生
- 2011/10/23(Sun) -
ヘテランテラ

立ち上げ当初からウォーターウィステリアと伴に大繁殖して環境の安定、過栄養分の消費に
貢献してくれた。難易度の高い後輩に光量の多い一等地を占領され今では端に追いやられて
第二の人生を歩んでいる。極度の貧栄養で下葉はスカスカ、葉もペラペラのあわれな姿と
なってしまった。そろそろ液肥の投入が必要だろう。周りには低光量をものともせずじっくりと
増殖中のアヌビアス.ナナ、ハイグロフィラ.ピナティフィダが顔を見せている。特に
ハイグロフィラ.ピナティフィダの活着力は侵食ともいえる強固なもので生命力の強さを感じる。
最近眼の手術を受けてからピント合わせがひどく不自由に感じていたがこの写真を見て水槽の
ガラスのゆがみがかなり悪さをしていた事に気付いた。特にR処理してある隅の方は肉眼では
気付かないかなりのゆがみがあるようだ。

DSC_1395_convert_69k.jpg


この記事のURL | アクア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>