五輪後やばいかも、、、
- 2018/02/14(Wed) -
ミサイル追跡艦 ハワード・O・ローレンツェン( Howard O. Lorenzen T-AGM-25)が入港しました。
こいつがくると近いうちに某国の弾道ミサイルが発射されることが多いのです。  2018.2.14

DSCN6433 (1)0001

DSCN6429 (1)0003

DSCN6431 (1)0002
スポンサーサイト
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
(^_^)/~~  サヨナラ
- 2018/01/30(Tue) -
10歳年上の『ワスプ』兄さんと交代した『ボノム・リシャール』君。

離任、出港直前の様子です。『ワスプ』が代わって定位置に係留したら最新の艤装と
比べてみたいと思います。

DSCN6336 (1)0001

DSCN6338 (1)0003

DSCN6337 (1)0002

奥の方に『ワスプ』のマストが見えています。

DSCN6340 (1)0004

DSCN6344 (1)0005
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遠距離
- 2018/01/20(Sat) -
佐世保が母港の強襲揚陸艦『グリーン・ベイ』 ( Green Bay, LPD-20)
まだ寒波が来る前、早朝に散歩できていたころの撮影ですw   

DSCN2947 (1)0007

かなりの距離ですが朝日が当たる時間帯と帰港の時間が一致するとなんとか三脚なしで撮影できます。

DSCN2937 (1)0008

『グリーン・ベイ』の後方から高度を下げて市内の病院に向かおうとしていたドクターヘリが
急に高度を上げて進路を変更しました。

『近寄るな、ゴラ~、撃ち落とすぞ~』と無線で脅されたのか、ピクリと動いたRAMと目が合ったのか
どうかはわかりませんw

DSCN2953 (1)0009
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カナダからの潜水艦
- 2017/11/07(Tue) -
アップホルダー級潜水艦 はイギリス海軍が建造した最後の通常動力型潜水艦です。カナダ海軍へ売却され
アップホルダーからシクーティミ(SSK 879 Chicoutimi)へ改名されました。
1986年進水ですからかなりの古参兵ですね。

排水量 基準:1,870t
水上:2,185t
水中:2,400t
全長 70.26m
全幅 7.6m
吃水 5.5m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式
ディーゼルエンジン(6,070kW) 2基
電動機(5,000kW) 2基
スクリュープロペラ 1軸
速力 水上:12ノット、水中:20ノット

撮影条件が厳しかったのですが珍しいので撮影。

DSCN6089 (1)0001

DSCN6085 (1)0002
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
インド海軍いらっしゃい (4)
- 2017/10/18(Wed) -
KADMATT艦首。なんかハリネズミみたいで怖いw

DSCN5814 (1)0004

ヘリポート。そこの入り口から艦内へ入りました。

DSCN5835 (1)0001

たまたま立っていただけで機関砲で見張っている訳ではありません。

DSCN5797 (1)0003

ロシア製CIWSですかね?

DSCN5837 (1)0002

海自のやつの三倍はありそうな魚雷発射管。インド人のがでかいわけではなく、ロシア人のがでかい?

DSCN5850 (1)0005
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
インド海軍いらっしゃい (3)
- 2017/10/16(Mon) -
歓迎ムード一色です。好意的なのは言葉がわからなくても態度でわかりますね。
ただのんびりしてるのはお国柄か乗船が始まってから金属探知ゲートが運ばれてきて
さらに電源の確保ができずにただのお飾り状態w

DSCN5802 (1)0002

SATPURAの艦首から。たくさんの乗員は警備というよりなんとかもてなそうという雰囲気。

DSCN5804 (1)0003

ロシア製ですね。

DSCN5808 (1)0004

なんと飲み物とお菓子まで。一般公開では初めてみました。

DSCN5833 (1)0005

KADMATT側より見た艦首。全体的に古いが意外と新しい主砲。
はかかぜ型護衛艦のものとよく似たミサイルランチャー。
給油中でもないのにオイルフェンスを張られてるのは御愛嬌w

DSCN5851 (1)0006
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
インド海軍いらっしゃい (2)
- 2017/10/15(Sun) -
KADMATTの格納庫には入れました。説明にはシーキング Mk.42B搭載と
書いてありますがこれはシーキング?ヘリはよくわかりません。 ( ;∀;)

DSCN58470002.jpg

DSCN5843 (1)0003

DSCN5845 (1)0004

DSCN5846 (1)0005
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
インド海軍いらっしゃい (1)
- 2017/10/14(Sat) -
P29 KADMATT と F48 SATPURA が入港。親善目的みたいですね。

DSCN5783 (1)0002

P29 KADMATT 対潜コルベット

総トン: 3,000トン
長さ:     109 m
ビーム: 12.8 m
推進: 4×Pielstick 12 PA6 STCディーゼルエンジン
       CODAD 、 DCNSラフトマウントギアボックス
速度: 25ノット
武装:
1× 76.2mm Oto SRGM
2× AK-630M CIWS
2× RBU-6000 (IRL)対潜水艦ロケットランチャー
4 x 533 mm 魚雷管 [1]

搭載ヘリ: ウェストランドシーキング Mk.42B

DSCN5811 (1)0002

DSCN5778 (1)0004

F48 SATPURA フリゲート

総トン: 6,200トン
長さ:   142.5 m
ビーム: 16.9 m
推進: 2×Pielstick 16 PA6 STCディーゼルエンジン
       15,200シャープ(11,300kW)
       2× GE LM2500 +33,600シャープ(25,100kW)
     CODOG構成でタービンをブーストする。
速度: 32ノット

対空ミサイル:
32セルVLS、 Barak 1ミサイル
24× Shtil-1中距離ミサイル
対艦/陸上攻撃ミサイル:
8×VLS、 Klub 、対艦クルーズミサイル
または
8×VLS、 BrahMos 、対艦および陸上攻撃クルーズミサイル
1×3.0インチのOtobreda
2× AK-630 CIWS

対潜兵器:

2×2 DTA-53-956魚雷発射装置
2× RBU-6000(RPK-8)ロケットランチャー

搭載ヘリ: 2× HAL DhruvまたはSea King Mk 42Bヘリコプター

DSCN5882 (1)0003

DSCN5785 (1)0001


この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ミサイル駆逐艦入港
- 2017/08/03(Thu) -
ジョン・S・マケイン (John S. McCain, DDG-56)
排水量 満載: 8,362 トン
全長 153.9 m (505 ft)
全幅 20.1 m (66 ft)

去年入港した時は佐世保港内で燃料漏れをおこした船です。原潜の放射能漏れでなくてよかったです。

一週間ほど前から米軍の大型船が一隻もいません。佐世保が攻撃対象になっているのか
それとも韓国から米軍の家族を撤退させているのか?と勘繰りたくなりました。

DSCN4630 (1)0001

DSCN4668 (1)0002

入港時はもやがかかってました。

DSCN4585 (1)0001

DSCN4590 (1)0002

DSCN4596 (1)0003

衝突事故から甲板に出てる人数が増えたような感じ?

DSCN4599 (1)0004

DSCN4609 (1)0005
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
弾道ミサイル追跡艦出港
- 2017/07/01(Sat) -
ハワード・O・ローレンツェン (T-AGM-25)が出港です。
経験的にこの船が動き出す時はあの国が何かを画策していますね。  2017.7.1
(やはりミサイル発射しましたね。 2017.7.4)

停泊時。  ミサイル追跡艦



DSCN4116 (1)0001

DSCN4124 (1)0002

DSCN4121 (1)0003

DSCN4122 (1)0004


この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>