ミサイル駆逐艦入港
- 2017/08/03(Thu) -
ジョン・S・マケイン (John S. McCain, DDG-56)
排水量 満載: 8,362 トン
全長 153.9 m (505 ft)
全幅 20.1 m (66 ft)

去年入港した時は佐世保港内で燃料漏れをおこした船です。原潜の放射能漏れでなくてよかったです。

一週間ほど前から米軍の大型船が一隻もいません。佐世保が攻撃対象になっているのか
それとも韓国から米軍の家族を撤退させているのか?と勘繰りたくなりました。

DSCN4630 (1)0001

DSCN4668 (1)0002

入港時はもやがかかってました。

DSCN4585 (1)0001

DSCN4590 (1)0002

DSCN4596 (1)0003

衝突事故から甲板に出てる人数が増えたような感じ?

DSCN4599 (1)0004

DSCN4609 (1)0005
スポンサーサイト
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
弾道ミサイル追跡艦出港
- 2017/07/01(Sat) -
ハワード・O・ローレンツェン (T-AGM-25)が出港です。
経験的にこの船が動き出す時はあの国が何かを画策していますね。  2017.7.1
(やはりミサイル発射しましたね。 2017.7.4)

停泊時。  ミサイル追跡艦



DSCN4116 (1)0001

DSCN4124 (1)0002

DSCN4121 (1)0003

DSCN4122 (1)0004


この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『ジョン・エリクソン』
- 2017/06/11(Sun) -
John Ericsson (T-AO-194)はヘンリー・J・カイザー級給油艦です。

満載排水量 40,700t
全長    206.3m
全幅     29.7m

あと一隻いたのですが『ボノム・リシャール』や駆逐艦と出港したようです。
補給艦が二隻並ぶのはあまり見ないので撮影しておくべきでした。      2017.6.3

DSCN3830 (1)0006

DSCN3832 (1)0007

DSCN3833 (1)0005

『あまぎり』、『きりさめ』の夜明け。    2017.6.4

DSCN3880 (1)0001




この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ボノム・リシャール』出港
- 2017/06/01(Thu) -
今にも降り出しそうな雲の下、ボノム・リシャール(Bonhomme Richard, LHD-6)が出港。

満載排水量:40,500トン
全長 844フィート(257m)
全幅 110フィート(34m)

さすがにタグボートは三隻がかり。大型船に従事する民間タグボートの時給は15万程度なので出港費用は約100万。
大型タグボート自体が10億近くするらしいので妥当な値段か? 
どうせ請求書は日本政府行きでしょうから。                   2017.6.1

DSCN3777 (1)0002

DSCN3786 (1)0003

合理的な武器の配置。甲板にCIWSを設置するようなことはありませんw
巨大なエレベーター。

DSCN3789 (1)0007

機能が凝縮されたかっこよさ。

DSCN3795 (1)0004

DSCN3804 (1)0005

DSCN3805 (1)0006



この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フィッツジェラルド (USS Fitzgerald, DDG-62)
- 2017/05/16(Tue) -
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の12番艦。スタンダードミサイルSM-3を搭載するミサイル防衛対応艦船です。
遠いので(2Kmくらい?)厳しい撮影条件。

DSCN3061 (1)0001

なにやらお祝い事ですかね?     2017.5.13

DSCN3062 (1)0002


おまけ

『あさゆき』が単独でいたので撮影。   2017.5.15

DSCN3267 (1)0001



この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ミストラル』出港
- 2017/05/13(Sat) -
AS 565 パンテルを中二階の格納庫から出して扉をしめているところ。     2017.5.5

DSCN2968 (1)0001

『ギコギコ、ガリガリ』と音を立ててエレベーターが上がります。

DSCN2973 (1)0002

このあと甲板にヘリを固定して出港準備完了です。

DSCN2982 (1)0003

民間の曳舟が到着しました。

DSCN2996 (1)0004

海自のようにピシッと整列、というわけにはいきませんが礼服は着ています。

DSCN3004 (1)0005

連休中にかりだされてかわいそうな海自の隊員w。なんと生演奏でのおみおくりです。
しかし軍艦が『蛍の光』で見送られるとなんか悲壮な雰囲気になります。

DSCN3009 (1)0006

これに先立ち『くにさき』が出港しました。西部方面隊と米海兵隊をのせて合同訓練たそうです。
日仏米英連合軍ですね。

DSCN3024 (1)0007
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ミストラル一般公開 (2)
- 2017/05/07(Sun) -
この角度はかっこいいのですが、海側から見ると自動車運搬船にそっくりです。

DSCN2825 (1)0012

英軍のおにいさん。たぶん一番下っ端がいやいや」留守番でしょうw
街にはたくさんの乗組員らしき人たちがいましたから。

DSCN2808 (1)0010

海自と米軍を見慣れているのですっきり見える艦橋。実際高度な電子機器はなにももついてないのでしょう。
一番上は温室みたいですねw

DSCN2809 (1)0015

全体的にシンプルな造りです。

DSCN2786 (1)0014

甲板後部がそのままエレベーターになっており、中二階の格納庫につながります。

DSCN2776 (1)0005

小さなお子さんを連れた若い夫婦と自衛隊OBらしき年配の人が目につきました。若い夫婦のなかには
現役隊員がけっこういたのでは? というのは一般へのアナウンスは前日だったのにこれだけの
一般人が午後の限られた時間に集まったのは不思議なのです。

DSCN2779 (1)0006

英国海軍マーリンヘリ。(アグスタウェストランド AW101) 
英国のヘリは2機とものざらし。保管庫にはいらないとは思えないが、、、

DSCN2792 (1)0007

気前よくヘリの内部まで開放。

DSCN2794 (1)0008


なぜか甲板上に固定してあるRIB。英国のだから?

DSCN2798 (1)0009



この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ミストラル一般公開 (1)
- 2017/05/06(Sat) -
海自のHP(西海の護り)で4月29日の午後だけ一般公開されるのが判明した。予定はあったのだろうが
あまりおおげさに公報はしなかったようです。ご当地掲示板では仏軍も北朝鮮征伐に参加するのか?
なんて盛り上がってましたので無用の混乱をさけたかったのでは?5分ほど歩いて倉島岸壁に到着
するとすでに長蛇の列ができている。推定待ち時間1時間!佐世保で行列ができることはめったに
ないのでとんでもない事なのです。いったん帰宅し終了1時間前に行くと30分ほどの待ち時間で入場できました。

ボートデッキのすぐ横に乗船用ハッチがあり最下部のドックデッキに入ります。ここまでは気軽な雰囲気だったのですが
乗船してからは一人一人金属探知機を用いた厳重なボディーチエック(荷物も)があり、並んでいる間は緊張しました。
とても撮影できる雰囲気ではありません。なにせ奥の方にはガッチリしたSP?らしき隊員が軍用犬(シェパード)を
横にこちらを監視しています。
見慣れた米兵(フレンドリーだが一歩間違えると横柄)とは異なる雰囲気ですね。こちらも緊張しているが
検査している兵隊さんもぎこちない。無言できちんと整列して待っているアジア人の群れにとまどってるまじめな青年という感じw

DSCN28360013.jpg

中二階のデッキに格納してある仏軍のAS 565 パンテル

DSCN2765 (1)0002

回転翼は折り畳みではなく完全に取り外されています。固定がいいかげんに見えるw

DSCN2761 (1)0001

甲板後部に設置してあるシャドラル携SAM二連装のSINBADシステム。最初は我が目を疑いましたね。
どう見ても手動で動かすみたいですからね。セスナ機でのテロを防ぐ程度しか役にたたないでしょう。

DSCN2774 (1)0003

ブローニングM2 127mm機関銃。なんに使うのか?怪しいい漁船制圧?

DSCN2768 (1)0004

左舷にブレダ=モーゼル 30mm機関砲。 これが主武装みたいだがレーダー連動ではないようだ。

DSCN2821 (1)0011

強襲揚陸艦という仰々しい名前だが実際は輸送艦『おおすみ』の大型版ですね。世界各地の
フランス領に兵隊と車両を運ぶのが目的の様です。乗船時に緊張して損したw

つづく、、、

この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シャイアン(Cheyenne, SSN-773)  入港
- 2017/05/05(Fri) -
排水量 満載:6,927 トン、基準:6,000 トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.4 m (31 ft)
最大速 25 kt (46 km/h)
潜行深度 1,200 ft
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名

ロサンゼルス級原子力潜水艦の62番艦で最終建造艦。
前回は数十分の寄港でしたが今回は数日いるようです。     2017.5.4

DSCN2920 (1)0006

DSCN2935 (1)0004

DSCN2934 (1)0005
この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミストラル(Mistral, L 9013)入港   (2)
- 2017/05/02(Tue) -
船尾の上部はエレベーターで下部はドックゲート。手前はフランス海軍の上陸用舟艇。      2017.4.29

DSCN2748 (1)0015

砂浜用(?)の平凡な船型。

DSCN2691 (2)0001

カタマランの船は小さな港用?

DSCN2773 (1)0001

DSCN2837 (1)0002

イギリス海軍マーリンヘリ。(アグスタウェストランド AW101)

DSCN2695 (1)0009

海自の掃海・輸送ヘリコプターMCH-101と同じ?

DSCN2722 (1)0010

DSCN2727 (1)0012

DSCN2731 (1)0006

特殊部隊用?

DSCN2724 (1)0011

DSCN2714 (1)0013



この記事のURL | 米軍、外国軍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>