移動?昇進?@『あまぎり』
- 2017/06/20(Tue) -
対岸の立神岸壁に係留されている『あしがら』でなにやら式典が、、、
離任式とは少し雰囲気が異なります。

離任式

DSCN3974 (1)0002

目の前の倉島岸壁では『あまぎり』の左舷に整列した隊員の姿。

DSCN3978 (1)0001

主役は『あしがら』まで迎えに行っていた『あまぎり』の内火艇に乗ってこちらの方へ。

DSCN3984 (1)0003

お迎えですね。

DSCN3986 (1)0004

無事到着。単にお偉いさんが見てまわってるのかもしれません。    2017.6.19

DSCN3995 (1)0005

この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
派遣防火隊@『あけぼの』
- 2017/06/17(Sat) -
『あけぼの』に二艇の内火艇が接舷している。

DSCN3673 (1)0001

赤いヘルメットの隊員が資材を持って乗船。

DSCN3674 (1)0002

よく見ると内火艇からホースが伸びているのでポンプも積んでいるのでしょう。

DSCN3692 (1)0005

『派遣防火隊』ののぼりが見えます。派遣社員ではないと思いますw

DSCN3687 (1)0004

二種類のノズルが確認できます。
想像ですが自船の消火機能が低下した護衛艦に他艦より消火隊を派遣しているのでは?

DSCN3698 (1)0003



この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
居候『いせ』
- 2017/06/14(Wed) -
立神岸壁の全景。海自と米軍の共用です。

DSCN3909 (1)0001

共用といっても右側は陸地に接岸できる一等地です。つまり米軍様用。

DSCN3923 (1)0004

そこに『いせ』が堂々と係留しています。鬼の居ぬ間に、、、
左舷全体を見せての係留はここ以外では見られません。

DSCN3908 (2)0002

丁寧に米軍様用海上フェンスまで張ってあるので許可は得てるのでしょうw

DSCN3911 (1)0003
この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『ジョン・エリクソン』
- 2017/06/11(Sun) -
John Ericsson (T-AO-194)はヘンリー・J・カイザー級給油艦です。

満載排水量 40,700t
全長    206.3m
全幅     29.7m

あと一隻いたのですが『ボノム・リシャール』や駆逐艦と出港したようです。
補給艦が二隻並ぶのはあまり見ないので撮影しておくべきでした。      2017.6.3

DSCN3830 (1)0006

DSCN3832 (1)0007

DSCN3833 (1)0005

『あまぎり』、『きりさめ』の夜明け。    2017.6.4

DSCN3880 (1)0001




この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『あすか』おひさしぶりです。
- 2017/06/06(Tue) -
あすか( Asuka, ASE-6102)入港。私は久しぶりにお目にかかりました。
着岸したらすぐに給油です。         2017.6.6

DSCN3893 (1)0001

艦載兵器実験艦なのでマニアには人気があるようです。特にレーダー周り。

DSCN3894 (1)0004

特徴的な艦首。錨がソナーに干渉しないように飛び出しているそうです。

DSCN3902 (1)0002

DSCN3900 (1)0003

DSCN3897 (1)0005
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『いせ』
- 2017/06/04(Sun) -
転籍してきた『いせ』( Ise, DDH-182)をやっと単独で撮影できました。

DSCN3820 (1)0001

船尾の造形は賛否両論でしょうね?

DSCN3824 (1)0004

甲板上のCIWS  ( ̄Д ̄;)

DSCN3825 (1)0003

手前に見えるのはテロ防止の海上フェンスです。

DSCN3847 (1)0002

これは早朝なので色合いが少し違いますね。

DSCN3881 (1)0001
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『まつゆき』入港
- 2017/06/03(Sat) -
まつゆき( Matsuyuki, DD-130)ははつゆき型護衛艦の9番艦。
護衛艦隊第14護衛隊に所属し定係港は舞鶴です。

内火艇がうろちょろして曳船が沖合いに見えると入港のサインです。

DSCN3711 (1)0001

この時の操船は見事でしたね。艦長と曳船の息が合って動きがなめらかでした。

DSCN3716 (1)0002

母港ではないのでほとんどが曳船の腕によるのでしょうが当然全責任は艦長にあります。

DSCN3726 (1)0003

曳船は左舷に隠れて見えません。

DSCN3734 (1)0004

曳船が隠れているので衝突しそうに見えます。

DSCN3746 (1)0005

大きな声では言えませんが過去には岸壁と接触した護衛艦もいたのです。

DSCN3750 (1)0006


この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ボノム・リシャール』出港
- 2017/06/01(Thu) -
今にも降り出しそうな雲の下、ボノム・リシャール(Bonhomme Richard, LHD-6)が出港。

満載排水量:40,500トン
全長 844フィート(257m)
全幅 110フィート(34m)

さすがにタグボートは三隻がかり。大型船に従事する民間タグボートの時給は15万程度なので出港費用は約100万。
大型タグボート自体が10億近くするらしいので妥当な値段か? 
どうせ請求書は日本政府行きでしょうから。                   2017.6.1

DSCN3777 (1)0002

DSCN3786 (1)0003

合理的な武器の配置。甲板にCIWSを設置するようなことはありませんw
巨大なエレベーター。

DSCN3789 (1)0007

機能が凝縮されたかっこよさ。

DSCN3795 (1)0004

DSCN3804 (1)0005

DSCN3805 (1)0006



この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
元『くらま』
- 2017/05/30(Tue) -
退役した『くらま』の現状です。SSK(佐世保重工業)の岸壁で作業中なので
全体は撮影できません。       2017.5.17

照準手ドームは撤去?

DSCN3303 (1)0002

CIWSやレーダーの一部も撤去されています。

DSCN3300 (1)0005

砲身もうなだれて悲しそう。。。

DSCN3292 (1)0001
この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ずいりゅう(Zuiryu, SS-505)   入港   (2)
- 2017/05/23(Tue) -
晴天なのにカッパを着てなにをするのかと見ていると、、、

DSCN3169 (1)0002

シュノーケルから順番に水洗をしています。
現物は初めて見ました。

DSCN3185 (1)0008

かなり入念に洗浄中。各種マスト類でしょうが私には詳細がわかりません。
どなたかご存知でしょうか?

DSCN3232 (1)0011

DSCN3224 (1)0010

DSCN3198 (1)0009


DSCN3138 (1)0001


DSCN3241 (1)0002

DSCN3203 (1)0001







海自基地の隣に新設された国際ターミナルに停泊するクルーズ船『 天海新世紀 』 71,545トン 旅客定員 1,808人 。
基地側から見た光景。

DSCN3253 (1)0007

基地との境界はこのフェンスのみ。大丈夫か?

DSCN3254 (1)0012

追加

2017.5.17  早朝に出港。  また来てね~  (^_^)/~~ 

DSCN3287 (1)0001






この記事のURL | 船舶 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>