Ⅱ号戦車(改) 3.7cmFlaK 36/37 1/35 タミヤ
- 2017/06/24(Sat) -
だだのニコイチですw 経年変化を再塗装。   2017.5.24

DSCN3581 (1)0004

DSCN3579 (1)0001

DSCN3588 (1)0003

DSCN3584 (1)0002

タミヤのⅡ号戦車は格安、簡単、そこそこのディテールと改造(妄想)の
ベースにはぴったりです。五頭身のフィギュアも付属してますがさすがに
現在の水準では厳しいものがありますね。第二次大戦のドイツは自国製のみならず
鹵獲した車両や砲まで利用してさまざまなハイブリッド兵器を生産しています。
3.7cmFlaK とⅢ戦車の車体の組み合わせはあるようですがもしかしたら
こういう組み合わせも現実に存在したかもしれませんね?        2013.7


DSC00211_R.jpg




この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シュトゥーラー・エミール 1/35  トランペッター
- 2017/05/27(Sat) -
経年変化を再塗装。ナースホルン(88mm砲搭載)の親玉ですね。
4年ぶりによく見ると金属履帯がほんとに錆びていたw         2017.5.24

DSCN3571 (1)0002

DSCN3569 (1)0001

DSCN3574 (1)0003

DSCN3501 (1)0005


まともな戦車のプラモは定価3000~5000円、売値2500~4000円なのだがこのモデルは
売れ残ったのかなんと売値1400円!やはり実戦で活躍してないので知名度が低いのが
原因だろう。しかしオープントップなので部品数もそれなりにありディテールも及第点である。
欠点は128mm砲が88mm砲に見えるほど砲身が細いことと貧弱な履帯くらいである。

幸い以前に購入していたPak44 128mmにアルミ砲身が付属していたのであまったプラ砲身を
移植した。価格的に得した気分になって以前から気になっていた中国製の安い金属履帯を
注文したのだが送金から商品到着まで六ヶ月!
代理店をしていた無責任な模型店は連絡不能になるわ、届いた履帯は寸足らで片側しか
連結できないなど嫌な思いをした。しかし金属履帯そのものはなかなかの出来でCPの高さは
評価できるのできちんとした販売網があれば商品として成り立つような気もします。
夜逃げした模型店は論外であるが中国製品のいい面と悪い面を痛感した思い出あるである戦車ですw    2013.7.3

DSC00010 (2)_R



この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Jagdtiger(改) 1/35 タミヤ 
- 2017/04/29(Sat) -
経年変化を塗装。  4年ほど経過していたがよく見るとパテの収縮によるひび割れが数か所。
車の修理と同じでパテの厚塗りは禍根を残しますw     2017.1.30
    
DSCN1288 (1)0002

DSCN1295 (1)0003

DSCN1281 (1)0001

第二次大戦で実戦投入された最大級の戦車ですがなにぶん70tの
車重ですからトーチカ的運用だったのかもしれません。キットは
文句なしの出来で特に分割組み立て式履帯は手間とコストのバランス
からみると同封履帯の中でベストに近いでしょう。 2013.1

妄想の種

250px-Elefant_USAOM-01.jpg

Sd.Kfz.184エレファント重駆逐戦車は実戦投入されたものの
駆動系のトラブル多発により事実上の失敗作となってしまった。
しかし設計思想を受け継いでリベンジを図る計画が進行していた。

Mammut Plan(マンモス計画)

兵器局からの条件
1.ヤークトタイガーの主砲、車体、部品を流用すること。
2.車重を50t以内に収めること。
3.30度の登坂能力があること。
4.路上速度35Km以上出せること。

マンモス重駆逐戦車設計要旨
1.水平対向12気筒エンジンを採用して出力向上と車体高減を図る。
2.FF化で駆動系の軽量化を図る。
3.戦闘室の内部(下部)拡大に伴い戦闘室全体の小型化を図る。

車体で50cm、戦闘室で30cmの高さを削減。傾斜装甲なので高さの削減は
重量減に大きく影響する。

DSC01067_R.jpg

ドライブバイワイヤーを試験的に採用し、照準席から車体の操縦も可能となった。砲身の
オーバーハングも大幅に減少した為、取り回しは容易になり左右の調整も照準手に
よって可能となった。車体の性格上走行中の照準は不可能の為戦車長、装填手、
照準手(兼操縦手)の三名での運用も可能である。

DSC01057_R.jpg

ドライブシャフトがない分、中部~後部にかけて広大なスペースが生じた。リアハッチを
低位置に設置したのでクレーンを用いなくても砲弾の補給ができるようになり砲弾補給車を
伴えば砲台としての利用も容易である。

DSC01062_R.jpg

正面からの撃ち合いでは弱点がなく乗員が死傷する可能性はほとんどないのが自慢である。

DSC01072_R.jpg

DSC01069_R.jpg

追記

『くらま』にかわり『いせ』が佐世保へ配備。呉から転籍。
もやがひどいので写真は後日。    2017.4.29

フランス海軍 『ミストラル』 一般公開。なんと船内まで! 大混雑。
2017.4.30


この記事のURL | 独 1/35 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
8輪重装甲車 Sd.Kfz.232(改)   1/35 タミヤ
- 2017/01/28(Sat) -
経年変化を塗装。 
プラモをよく作っていた頃は病み上がりで一日中家に籠っていたのを思い出しました。
私自身は経年変化で当時より若返ってますw   2017.1.22


DSCN1136 (1)0001

DSCN1129 (1)0001

DSCN1137 (2)0003

アフリカ軍団仕様の強行偵察車両です。強行偵察とは偵察がてらに
敵にちょっかいを出して敵の反撃からその装備や数を探るというものです。
すぐに逃げられるように作ったかどうかはわかりませんが後ろ向きにも
運転席があり他に類を見ない造型です。キットは文句なしのタミヤクオリティー
で複雑な足回りも最少の部品数で見事に再現されておりお勧めです。しばらく箱絵の
車体を眺めていると後部のエンジン部分がフロントエンジンに見えてきてムラムラと
妄想がわいてきました。     2013.11

妄想の種 YP-408

DAF_YP-408.jpg

戦局が厳しくなったドイツ軍は貴重な装甲車を強行偵察のみに使用し続ける
余裕はなくなっていた。そこで前部の運転席を撤去して兵員輸送車としても
利用できるように改造したのであった。

車体前部をフレームのみにしてハノマーク装甲車の後部車体を移植する
ニコイチで楽勝の予定だったのだが、、、、
なにしろ装甲面が複雑な上、微妙に傾斜角度が異なっており車体幅の補正まで
手を入れるととスクラッチと変わらない手間でした。

DSC01048 (1)a_R

車体後部がハノマークハーフトラックのエンジン部分にそっくり
なのを利用して合体させます。マフラーはエンジンルーム側面に
移動してマフラーカバーもそのまま流用しています。        

DSC01029_R.jpg



運転席周りはハノマークを流用し、後部にはベンチシートと折りたたみ式の
椅子を設置しています。20mm機関砲用にフロアは補強と嵩上げ施工。

DSC01037_R.jpg

現代でも通用しそうなフォルム。

DSC01045_R.jpg

完成してみれば苦労を感じさせないシンプルラインw

DSC01035_R.jpg

お父さん、お母さんと家族写真w

DSC01050_R.jpg


この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェスペ 1/35 タミヤ
- 2016/12/24(Sat) -
経年変化を再塗装。ネットや雑誌で見つけた凄腕モデラーの作品を真似したいのですがしょせん絵心がないので
思うようにいきません(T﹏T)      2016.9.22

DSCN8608 (1)0001 (1)0002

DSCN8609 (1)0004 (1)0001

DSCN8615 (1)0002 (1)

DSCN8638 (1)0003 (1)

さすがタミヤといえる好キットです。オープントップの自走砲
ですので塗装しながらの組み立てになります。内装の作業もあり
退屈はしないのですが悪い癖でついつい武装強化(150mmへ)
してしましました。 2013.9

DSC00106_R.jpg
この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Sd. kfz. 139 マーダー III  1/35 イタレリ
- 2016/12/01(Thu) -
さらに追加塗装w   2016.9.22

DSCN8673 (1)0002

DSCN8654 (1)0001

DSCN8670 (1)0003

暇つぶしの再塗装。時代考証的にジャーマングレイはありえないかも? 2016.9.10

DSCN8562 (1)0004

DSCN8526 (1)0002

DSCN8531 (1)0005

DSCN8534 (1)0003


珍しいキットをバーゲンで見つけたのでゲット。
そこそこのディテールながら履帯がペラペラの短小で雰囲気がでていません。いくら45%引きといっても
定価の3000円というのがそもそも問題ありのようです。
手を入れる部位がないので樫の葉迷彩でお茶を濁してますw 2013.10

DSC00354_R.jpg
この記事のURL | 独 1/35 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
IV号突撃砲 初期型 1/35 ドラゴン
- 2016/11/06(Sun) -
暇つぶしの経年変化塗装。フィギュアはまだ腕が追いつきません。 (T﹏T)
昔の写真を見ると苦笑いw       2016.10

DSCN8877 (1)0003

DSCN8884 (1)0006

DSCN8894 (1)0004

DSCN8890 (1)0002

DSCN8900 (1)0005

バーゲンセールでつい買ってしまいましたが予想外にいいキットでモールド、
組み合わせも問題ありません。履帯、足回りもで隠すのがもったいないほど
よくできてますので付属のシュルツェン(エッチングパーツ)は取り付けていません。
最初はジャーマングレー一色でしたがメリハリをつけるのが難しく、冬季仕様に
チャレンジです。

2013.9

DSC00055_R.jpg
この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プラガ38(t)軽戦車 E/F型 1/35 トランペッター
- 2016/09/11(Sun) -
経年変化を再塗装。全体に錆が浮いてきた感じ。

DSCN5836 (1)0002

DSCN5831 (2)0003

DSCN5841 (2)0001

DSCN5845 (2)0004

肉眼的には上の仕上げが自然なのですがAFV写真の見栄え的には大げさな墨入れと
全体をエナメル系塗料でウォッシングするのが効果的ですね。

DSCN6507 (1)0002

DSCN6512 (1)0001


キットの評価は高得点です。小さな履帯も良くできてるし
全体のプロポーション、細部のディテールも良好です。
しかしまともに買うと小ささも影響してCPは低評価となりますね。
倍の大きさの試作戦車『マウス』とほぼ同じ値段だった。。。

DSC00327_R.jpg






この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
二号戦車(改)4 傾斜装甲実験車両 1/35 タミヤ
- 2016/06/16(Thu) -
実戦投入後風再塗装。ドイツ本土決戦を意識して赤土まみれ。

DSCN4981 (1)0001

DSCN4975 (1)0002

DSCN4971 (1)0003


妄想の種

ダイムラー・ベンツ パンター試作車
ベンツ 試作車

T-34の登場に衝撃を受けた兵器局は傾斜装甲を採用した新型戦車(Ⅴ号パンター)を
設計したがその傾斜装甲実験用に二号戦車の車体を用いて試作車を作成した。
装甲はボルトオンにして種々の傾斜を試行していたが戦局はかんばしくなく
砲塔を搭載して実戦に投入される事となった。



乗員は操縦手、装填手、戦車長兼照準手の三名。
DSC01113_R.jpg

小型戦車に傾斜装甲を採用するとハッチの配置などがT-34風となるのはしかたがない。
DSC01112_R.jpg

砲塔が大型化したためオープントップとして軽量化を図っている。
DSC01108_R.jpg

砲塔仕様二号戦車には75mm短砲身が実用上の限界でしょう。
DSC01111_R.jpg

砲塔は左にオフセットし車体の右半分を砲弾ラックとしている。
DSC01107_R.jpg
この記事のURL | 独 1/35 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Sd.Kfz250/9 軽装甲偵察車 デマーグ(改) 1/35 タミヤ
- 2015/11/03(Tue) -
経年変化を再塗装。市街地で使用。

DSC01477 (1)a

DSC01474 (1)a

占領範囲の拡大に伴いバルチザン掃討作戦が増加し、現場から次のような要請が出された。
1.市街地での奇襲作戦にあたり舗装路での走行時騒音の低減。
2.上方よりの小火器攻撃に耐えうる装甲。
3.現場での整備作業の簡素化。
4.建造物を破壊しないが通常の壁は貫通する程度の武装。

妄想の種。

ビッカース・クロスレイM25装甲自動車

ビッカース・クロスレイM25装甲自動車


既存の車両ではSd Kfz 231 (8-Rad)が最適であるがなにぶん高価で
整備が煩雑であった。そこでトラックにデマーグの装甲を架し、Ⅱ号戦車の
砲塔を流用した。

DSC00985_R.jpg

DSC00990_R.jpg

DSC00992_R.jpg

DSC00987_R.jpg


この記事のURL | 独 1/35 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>