Jagdtiger(改) 1/35 タミヤ 
- 2017/04/29(Sat) -
経年変化を塗装。  4年ほど経過していたがよく見るとパテの収縮によるひび割れが数か所。
車の修理と同じでパテの厚塗りは禍根を残しますw     2017.1.30
    
DSCN1288 (1)0002

DSCN1295 (1)0003

DSCN1281 (1)0001

第二次大戦で実戦投入された最大級の戦車ですがなにぶん70tの
車重ですからトーチカ的運用だったのかもしれません。キットは
文句なしの出来で特に分割組み立て式履帯は手間とコストのバランス
からみると同封履帯の中でベストに近いでしょう。 2013.1

妄想の種

250px-Elefant_USAOM-01.jpg

Sd.Kfz.184エレファント重駆逐戦車は実戦投入されたものの
駆動系のトラブル多発により事実上の失敗作となってしまった。
しかし設計思想を受け継いでリベンジを図る計画が進行していた。

Mammut Plan(マンモス計画)

兵器局からの条件
1.ヤークトタイガーの主砲、車体、部品を流用すること。
2.車重を50t以内に収めること。
3.30度の登坂能力があること。
4.路上速度35Km以上出せること。

マンモス重駆逐戦車設計要旨
1.水平対向12気筒エンジンを採用して出力向上と車体高減を図る。
2.FF化で駆動系の軽量化を図る。
3.戦闘室の内部(下部)拡大に伴い戦闘室全体の小型化を図る。

車体で50cm、戦闘室で30cmの高さを削減。傾斜装甲なので高さの削減は
重量減に大きく影響する。

DSC01067_R.jpg

ドライブバイワイヤーを試験的に採用し、照準席から車体の操縦も可能となった。砲身の
オーバーハングも大幅に減少した為、取り回しは容易になり左右の調整も照準手に
よって可能となった。車体の性格上走行中の照準は不可能の為戦車長、装填手、
照準手(兼操縦手)の三名での運用も可能である。

DSC01057_R.jpg

ドライブシャフトがない分、中部~後部にかけて広大なスペースが生じた。リアハッチを
低位置に設置したのでクレーンを用いなくても砲弾の補給ができるようになり砲弾補給車を
伴えば砲台としての利用も容易である。

DSC01062_R.jpg

正面からの撃ち合いでは弱点がなく乗員が死傷する可能性はほとんどないのが自慢である。

DSC01072_R.jpg

DSC01069_R.jpg

追記

『くらま』にかわり『いせ』が佐世保へ配備。呉から転籍。
もやがひどいので写真は後日。    2017.4.29

フランス海軍 『ミストラル』 一般公開。なんと船内まで! 大混雑。
2017.4.30


この記事のURL | プラモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
まだまだ
- 2017/04/27(Thu) -
臨戦態勢にはほど遠い『ボノム・リシャール』    2017.4.25

DSCN2661 (1)0003

リアゲート付近を改修中のようです。

DSCN2664 (1)0004

追記

『ちはや』出港、『おやしお型』入港。    2017.4.26
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ちはや( Chihaya, ASR-403) 待機中?
- 2017/04/25(Tue) -
21日から『ちはや』がスタンバイしています。朝鮮半島周囲に潜水艦が展開しているのか?
潜水艦救難母艦「ちよだ」の拡大改良型とされており、潜水艦母艦機能を廃する一方で医療設備を強化している。

深海救難艇 (09DSRV)が見えます。 2017.4.21

DSCN2645 (1)0002
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アストンマーチンDB5    1/18   オートアート
- 2017/04/22(Sat) -
1963年に発表された直6 4000cc 282Hpのクーペでボンドカーとしても有名です。
モデルは塗装が上質なので全体の雰囲気からして好感が持てます。細部も
丁寧に作りこまれていますので価格を考えるとお買い得です。

DSCN2466 (1)0003

DSCN2469 (1)0004

DSCN2473 (1)0005

DSCN2480 (1)0007

DSCN2486 (1)0006

DSCN2441 (1)0002

DSCN2491 (1)0001

追記

『あしがら』、『さみだれ』米海軍と合同演習の予定で出港。自衛隊に緊迫した雰囲気はない模様。  2014.2.21
この記事のURL | ミニカー | CM(2) | TB(0) | ▲ top
しょうなん( Syonan, AGS-5106) 入港
- 2017/04/20(Thu) -
海底設置型超音波多層流向流速計、CTD観測装置、音響環境測定システム、曳航式音源装置、観測用測位装置、
マルチビーム式測深儀をを装備している海洋観測艦です。

三次元海底探査船『資源』に続いて入港。関係あるのかな?       2017.4.16

立神岸壁は遠いので『おうみ』と重なって肉眼では確認できませんでした。望遠で撮影中に偶然発見。

DSCN2604 (1)0002

DSCN2609 (1)0001

DSCN2612 (1)0004

DSCN2611 (1)0003

追記

強襲揚陸艦『ボノム・リシャール』の艦長交代式がマスコミに公開の中、行われた。
臨戦態勢にはほど遠い雰囲気ですね。

F35B搭載可能な『ワスプ』と交代することも発表。    2017.4.20



この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
資源     資源エネルギー庁
- 2017/04/18(Tue) -
総トン数 10,395トン
全長 86.2 m
全幅 39.6 m

元はノルウェーの資源企業Petroleum Geo-Services社が運用するラムフォーム・ヴィクトリー号で
2007年(平成19年)に日本が保有、運用することになった三次元探査船です。

DSCN2588 (1)0002

全長6,000メートルの探査線(ストリーマー・ケーブル)12本を搭載し、後方より展開する。

DSCN2590 (1)0003

中国の海底探査に対抗して購入したみたいですね。といっても運用はほぼ丸投げ?
民間船当時は中国船の嫌がらせがひどかったらしいですがさすがに公船になってからは
露骨な嫌がらせはできないようです。     2017.4.13

追記

シャイアン(USS Cheyenne, SSN-773) ロサンゼルス型原潜 17,18日二日連続入港後すぐに出港。   2017.4.18
この記事のURL | 船舶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マスト色々
- 2017/04/16(Sun) -
『しまかぜ』、『あきづき』、『あけぼの』

並ぶとマストの特徴や高さがよくわかります。

DSCN0323 (1)0001

DSCN0325 (1)0001

DSCN0321 (1)0002

『あまぎり』の特徴的な後部マスト。オフセットされています。

DSCN0331 (1)0003

『あまぎり』、『じんつう』、『きりさめ』

小さな『じんつう』がはさまれているのはあまり見ませんね。

DSCN0314 (1)0001
この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
石ころ
- 2017/04/13(Thu) -
屋外に放置して(水は掛ける)約一年。興味ない人にはただの石ころw

DSCN2252 (1)0003

自然な雰囲気が心地いい。

DSCN2251 (1)0001

生えてくる雑草を除去しつつ見栄えがいいのを残しました。
名前も知らない草。

DSCN2253 (1)0002

追記

今朝の佐世保湾に海自の護衛艦はゼロ!でした。   2017.4.13
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エンツォフェラーリ   1/18    ホットウィール
- 2017/04/11(Tue) -
フェラーリ創業から55年目となる2002年に、創始者エンツォ・フェラーリの名を冠して発表された記念的車です。

デッドストックを購入したのでかなり古い製品かもしれません。全体的にもっさりしています。

DSCN2394 (1)0005

DSCN2352 (1)0001

DSCN2389 (1)0004

DSCN2385 (1)0003

DSCN2378 (1)0002


追記

佐世保からイージス艦、護衛艦、大型補給艦が消えました。
トランプさんはほんとにやりかねないから、、、

2017.4.11
この記事のURL | ミニカー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
緊急事態!
- 2017/04/09(Sun) -
極寒の曇天のなか、なにやら動きが、、、

落水者発見! 手に手にオレンジのロープや救命浮環? 2017.1.7

DSCN0700 (1)0002

ウェットスーツや十字のヘルメット。

DSCN0707 (1)0003

落水者に近づいて、、、

DSCN0710 (1)0004

確保。人間じゃないようですねw

DSCN0719 (1)0005

本船から担架を降ろしています。救難訓練みたいですね。
周囲には落水者救助訓練中の落水に備えて別の内火艇が待機していましたw

DSCN0730 (1)0006




この記事のURL | 船舶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>